感覚ピエロ、初のベストアルバム『全裸』をメンバー全員でとことん語る!

感覚ピエロ、初のベストアルバム『全裸』をメンバー全員でとことん語る!

僕らのなかでもある種、区切りというか。ここまででまとめるのがいちばんきれいだなと思った(秋月)


――感覚ピエロって、配信とかサブスクではベスト的なものを出してきているじゃないですか。それを今回改めてCDで出すというのはどういう意味合いなんですか?

秋月琢登(G) サブスク限定で出した『1826』が全69曲の完全ベストなんですけど……まあ、たぶん69曲って聴きづらいんですよ(笑)。

――はははは。

秋月 あれは僕らの結成5周年のタイミングの記録みたいなところではあるんですけど。今回の『全裸』は、幕張前というのもあって、僕らの改めての名刺、この1枚聴いてくれたら僕らのある程度がわかるんじゃないかなっていうのを表現したくて。あとはやっぱり、僕らってそんなにCDを出したいバンドじゃないんですけど――。

――そういうイメージはありますね。

秋月 作品作りとしてモノに残すことって必要かなと思って。そういう意味で、僕らのことを好きでいてくれるお客さんに持っといてもらえるものって何かなって思ったときに、わかりやすいベストアルバムってあったほうがいいなって。過去に『Break』ってアルバムを出したときに「僕らの名刺代わりです」って言ってたんですけど、今また6年経ったときの名刺って何やろってなったときに、これかなって。

――端的に言って、この『全裸』は誰に向けて出すものなんですか?

横山直弘(Vo・G) 今まで応援してくれて、これから幕張メッセにも参加するよっていうお客さんと……たとえばフェスで観て聴いてみたいんだけど、それこそサブスクで見たら69曲あってどうしたらいいかわかんないっていう人に対して、「これ聴いてくれたら絶対わかると思うよ」っていう。だから、今まで応援してくれたお客さんに対して僕たちを応援しているっていう証として届けたいというのと、これから出会ってくれるお客さんに対して「感覚ピエロ、これ聴いときゃ間違いないよ」っていうふたつですね。

――よく、ベスト出すっていうときに新曲入れたりもするじゃないですか。でも今回はシンプルに過去曲をパッケージしているもので。そういう意味では「名刺」って言いましたけど、そういう意味合いのほうが強いのかなとは思いました。

秋月 そうですね。あとは僕らのなかでもある種、区切りというか。だから(今年リリースした)“ARATA - ANATA”とか“落書きペイジ”とか“金求 -king-”は入れていないんですよ。ここまででまとめるのがいちばんきれいだなと思って。だから“ありあまるフェイク”で止めましたね。

横山 マスタリングに立ち会って、1曲目から16曲目までノンストップで聴いていったんですけど、僕は自分たちの過去の歴史本を見ているような感じがして。「俺たちの5年間、こんなんだったな……」っていうのを思いながら聴いてました。“メリーさん”とか、僕ら感覚ピエロ結成しましたって世の中に言う前にメンバーで録って、ミュージックビデオも作ってたなとか。いろんなことがあったなって思いながら聴いていたので、当事者的にはひたすらエモい1枚です。

アキレス健太(Dr) それこそ“メリーさん”とか初期の……横山にみんな録ってもらってたんですけど、スタジオの時間とかもあるじゃないですか。お金もなかったんで、1回叩いて「はい、じゃあ次」って(笑)。

横山 内科検診みたいな(笑)。

アキレス そうそう。「俺1回しか叩いてないねんけど」っていう。そういうのとか思い出します(笑)。

滝口大樹(B) 演奏でいうと結構やらかしてたりもするんで、こっ恥ずかしいんですけど、そういうのも含めてタイトルどおり『全裸』なのかなと。そういうほうがこの4人らしいのかな。

――『全裸』ですもんね。フルチンで。

秋月 そうなんです、フルチンです。

滝口 もう、恥ずかしくてしょうがない。

――恥ずかしいけど気持ちいい、みたいな。

全員 ははははは!

秋月 やっぱ、生まれたまんまの姿じゃないとね。

じつは今回リテイクしてたんですよ、ほぼ全曲。でもそれを聴いても僕、何も感じなくて。僕らじゃないような気がしたんですよね(秋月)


――秋月くんは振り返ってどうですか?

秋月 振り返ると辛いことしかないので振り返りたくないっすよね(笑)。まあでも、過去のほうがやっぱ好きなんです、僕は。

――そうなんですか?

秋月 歳取ってくと、なくなっていくんですよね、その感じが。なくなってくというか、薄れるんやなって気付かされるというか。あの頃はお金とか数字にもつながらないなか、悶々として曲を録ってて。今はいろんな人が聴いてくれるようになって救われてますけど、そういうのを録ってたときのエアーが蘇るというか。昔の曲のほうがぶっちゃけ雑いし、ピッチだとか細かいフレーズでいうたらミスもあるんですけど、それも含めて全然いいなって。いい意味で完成されてないのが作品として面白みがある。変に整理されすぎた音源よりはこっちのほうがロックバンドっぽいなって思います。“拝啓、いつかの君へ”ぐらいまでが好きですね。

――その「薄れてきたもの」って?

秋月 なんか……ムカつくことが減ってきましたね。反骨心というか。普段生活している中でムカつくことがあると「これ大事やな」と思って、すごく曲が書きたくなったりもするんで。そういうのは大事やなって。だから……じつは今回リテイクしてたんですよ、ほぼ全曲。でもそれを聴いても僕、何も感じなくて。

――最初はリテイクして入れるつもりだったってこと?

秋月 そうなんですよ。“メリーさん”も“O・P・P・A・I”もリテイクしたんですけど全部ボツにして、やっぱりこっちのほうがいいなって。僕らじゃないような気がするんですよね。

――確かにそうなったら全然違う作品になってましたね。

秋月 なんか、感覚ピエロじゃなくても弾けんじゃね?みたいな気がしちゃったんで。

――なるほどね。でも確かに“拝啓〜”ぐらいまでの時期とそれ以降って、違うと思うんですよね。それが秋月くんが言うように「何かがなくなってしまった」ということなのか「違うものが生まれてきた」ということなのかは取りようだと思うんですけど。

秋月 まあ、そうですね。違うことが芽生えるって感じっすね。背負うものが増えたので、途中から。

――やっぱり初期の曲って、いかにパンチ出すか、どうワンパン食らわすかみたいなところがすごく出ている気がするんですよね。それに対して後半の曲は格段に視野が広がっている感じがする。曲として、あるいはバンドとしてどういうメッセージを発信していくかっていう。

秋月 昔は「パンチ」って言葉むっちゃ使ってたもんね。

横山 まさにそのとおりだと俺も思います。やっぱり抱えているもんが変わってきたというのもそうだし、時代感に影響を受けているところもあるし。そこで「変わってしまってる」って言いかたが正しいのかはわかんないですけど、変わってることは事実なので、それをベストとして16曲にまとめたときに、じゃあ次俺たちはどうしたいのかなっていうワクワクにもつながるから。その変化も楽しんでいけたらいいんじゃないかなと思いますけどね。

次のページこれっていうのが一言で言えないのがアイデンティティだと思っているフシもあるんで、感覚ピエロは(横山)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする