ウェルカムバックKen Yokoyama! 超ド級の新作に至るまでのすべてを語ったインタビュー

ウェルカムバックKen Yokoyama! 超ド級の新作に至るまでのすべてを語ったインタビュー

バンド自体も休憩が必要かなっていうタイミングでもあったんですよ。結果オーライっていうんじゃないですけど、今すごくいい状態です(南)

――去年、体調不良でライブが中止になって。そうこうしているうちにコロナ禍になり、本当に音沙汰がなくなり。そうしたら突然、新作のミニアルバムが届いて。ものすごい手応えを感じる超ド級の作品でびっくりしました。Ken Band大丈夫かなって思ってたんですけど、ここまでの半年間とこのミニアルバムの突き抜けてるパワー感っていうものが、なんか辻褄が合わないっていうか(笑)。

横山健(Vo・G) ギャップがすごすぎる(笑)。

――どうだったんですか?

横山 9月入って北海道ツアー(「Still Age Tour Ⅱ」)の途中で「あれ? 俺ちょっとおかしいかも」って。突然きたんですよ。その原因はわかんないんです。ストレスもいっぱいありましたけど、それはみんな生きてりゃあるようなものなんですよ。まあ、調子が悪くなった。それで北海道から盛岡に流れて、フェス(「いしがきMUSIC FESTIVAL2019」)の前日にメンバーに集まってもらって「俺ちょっとまたまずいかも」って告白して。それをPIZZA OF DEATHに話したら、「もう今決まってるの全部止めましょう」っていう措置を取ってくれて。そんな感じです。

――なるほどね。

横山 30歳の時に俺一回やっちゃったじゃないですか。あれとたぶん同じだと思うんですけど、今回すごく軽度だったんですよ。周りの理解もあったし、自分で気づくのも早かった。だから11月にはスタジオに復活しましたね。本調子じゃなかったですけど、ライブはキャンセルしちゃったから、とにかく新曲を作ることが自分のアイデンティティなんだろうなっていうか。でも、キャンセルした以上、あんまり元気アピールをするのもなあと思ったんです。SNSでアピールするのもダサいし。

――そうなった時、メンバーとしてそれぞれどういう思いを持ったんでしょう。

Jun Gray(B) もう止めようってなった時は、どこまで止まるのか全くわかってなかったので。半年なのか1年なのか、1年半、2年なのか全然見えなくて。でも止めるしかなくて。それで、1ヶ月ちょっとでやりたいって言ってきたんで、なんつーか、もう動いてくれるのか、みたいな。さっき言ってなかったけど、曲作りはずっとやってたんですよ。去年、もっと前から、アルバム作りたいねって言っていて。その途中だったので、じゃあまたそれに戻れるなっていう。安心したっていう感じですかね。

松本英二(Dr) 自分は入ったばっかだったんで、とりあえず自分が焦ってもしょうがないから、いつ戻って来てもいい状態にしておこうっていう気持ち、その一心で待ってました。いつでも戻って来られるような体制をキープする役回りでいようかなと思って。

南英紀(G) その前の1年間は、新しくえっくんが入ってツアーしていて、その前はもう辞めるっていうメンバーを抱えてツアーしていて、なんだかんだ2年くらい……通常運行じゃない活動をしていたので、わりと疲れてはいたんですよね。で、バンド自体も一回休憩が必要かなっていうタイミングでもあったんですよ。それから健さんは戻って来てくれたんですけど、100%じゃなかったので、時間かけていくしかないなっていうところでコロナが――あんまりこういうこと言っちゃいけないんですけど、ちょうどあって。結果オーライっていうんじゃないですけど、今バンドはすごくいい状態です。

ちょっとフライングかもしれないですけど、この次はもうフルが待ってるんです、俺ら。いいふうにばっか出ちゃって(笑)(横山)

――復活して曲作りに入ったんだけど、そのすぐあとにコロナが来ちゃったの?

横山 比較的すぐですね。本当はアルバムを4月に録るはずだったんですよ。実は2回キャンセルしてるんですね。9月の段階で、実は去年12月に組まれてたのも当然キャンセルで。で、俺の調子が良くなって、スタジオに戻って曲も揃ってきて、今年に入って4月にレコーディングの予定を立てたんですよ。そしたら2月くらいにコロナがまずいことになってきて、3月の半ばには俺らの練習もストップしたんですよ。で、当然それは4月のレコーディングを飛ばすことを意味しますよね。3月の半ばから5月いっぱいまで練習も休んで。それはもういわゆる自粛期間ですよね。

――ひとつよくわからないのは、アルバムを作る予定だったんですよね?

Jun そう。去年の段階ではアルバム。

――で、今回できたのがミニアルバムなんだけど、これは当初作ろうと思っていた作品なんですか?

Jun その時は思ってないですね。

横山 去年の12月はフルアルバムを録ろうと思ってた。それが白紙になって、今年の4月に立てた予定では、シングルとアルバムを録ろうと思ったんです。

――じゃあ、シングルを挟んで、フルアルバムをもうちょっと先にっていう。

横山 はい。『SENTIMENTAL TRASH』の時みたいに、シングルとアルバムを矢継ぎ早に出す予定だったんですけど、それがコロナでポシャった。その間に曲は増えていくじゃないですか、作り続けてるんで。これはもうミニアルバムかなと。だから、ちょっとフライングかもしれないですけど、この次はもうフルが待ってるんです、俺ら。

――結果として取れ高は増えてるんだね。どういうことそれ?(笑)。

横山 謎なんですよ。いいふうにばっか出ちゃって(笑)。笑ってるけど(笑)。

英二 イマイチだねってボツにするくらいの余裕がある感じですよね。

 そうそう。

横山 今までだったら作ったもの全部入れてたくらいの感じだったんですよ。そのあとになって、これはアルバムにはいらなかったかもなって曲が1曲2曲出てきたりとか。でも、それがKen Bandなんだなって感じてたんですよね。なんだけど、今回ミニアルバム録って、今アルバムのこと見てるじゃないですか。すごく焦点の絞れたものになってくと思うんですよ。

次のページネクストレベルに持っていくくらいのいいものを作ろうとするんだったら1年くらいライブできない(横山)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする