新世紀えぴっくすたぁネ申、「自由度の高さがアイドルのいいところ」――ロックをルーツに持つ異端アイドルが気概を語る

新世紀えぴっくすたぁネ申、「自由度の高さがアイドルのいいところ」――ロックをルーツに持つ異端アイドルが気概を語る

僕のボキャブラリーが豊富だとしたら、それはきっと藤くん(BUMP OF CHICKEN・藤原基央)のおかげです(アヤァ)

――新世紀えぴっくすたぁネ申の音楽性はだいぶ幅広く彩り豊かだと感じるのですが、まずはそれぞれの音楽ルーツを教えてください。

HIЯO・チッチャ・エンペラー 僕は、もともと音楽にあまり興味がなくて。以前、読者モデルをしていた時に、演技やダンス、ボーカルのレッスンを受けて、なかでも歌うことは楽しかったんですけどね。たまたまスカウトされてアイドルグループの一員として活動することになっただけ、表舞台に出たかっただけの人間です(笑)。

アヤァ=オブ=ザワールド 僕は、父親の影響でTHE BLUE HEARTSにハマり、大好きなBUMP OF CHICKENに出会い、並行してASIAN KUNG-FU GENERATIONELLEGARDEN を聴いたり、チバユウスケさんの存在を知ってThe BirthdayROSSOTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTまで辿ったりとか、ロックバンドで育ちました。

――そこまでのロックキッズであればそのままバンドマンになりそうなものですが……。

アヤァ そこは、自分でも謎なんですよ(笑)。バンドをやりたい気持ちはもちろんありつつ、声優の養成所に通っていたときもあったりして。気づいたら、こうなっていたんですよね(笑)。

HIЯO ま、僕も気づいたらこうなっていたからね、わかる(笑)。えぴすた(新世紀えぴっくすたぁネ申)の前身グループであるEPIC STARを立ち上げたのは僕なんですけど、新メンバーを探しているときに、アヤァに出会って。

アヤァ 当時、僕は違うメンズアイドルグループのメンバーとして活動していたんですけど、そこを脱退するときに、HIЯOから「一緒にやらないか」って誘われたんです。「僕はバンドもやりたいし、いろんなこともやりたいから、いつか抜けることになるかもしれないけどいいの?」って訊いたら、「いいよ」と言ってくれて。

HIЯO ステージングも言葉の扱いも、自分にはないセンスがアヤァにはあるな、と思ったので。アヤァはほんと、ボキャブラリー豊富ですからね。

アヤァ 僕のボキャブラリーが豊富だとしたら、それはきっと藤くん(BUMP OF CHICKEN・藤原基央)のおかげです(笑)。

――逆に、アヤァさんはHIЯOさんのどんなところに惹かれたのでしょうか。

アヤァ 昔から、こいつとは絶対仲良くならねぇな、っていう人と仲良くなるんですよ。HIЯOのことも、適当で嫌なヤツだな、と最初は思っていたんですけど、ちゃんと話してみると、実はしっかり考えていることがわかって。適当だと感じたところも、見方を変えれば勢いや熱さがある、っていうことだし、気づけば仲良くなってたよね。

――アヤァさんは今年9月に脱退して以降、秘密結社ニルヴァージュ∀のメンバーとして活動しながら、新世紀えぴっくすたぁネ申にはプロデューサーとして関わっているわけですが、2人の信頼関係は揺らいでいないわけですよね。

HIЯO そうですね。アヤァの作った曲やプロデュース案を僕が判断する、ということをずっと繰り返してきて、今はだいたい一発でOKだし。

アヤァ 同じグループにいて、ずっと一緒にやってきたからね。HIЯOは悪い大人に騙されやすかったりもするんですけど、そういうときは僕がしっかりしなきゃっていう。僕が理想論を話してHIЯOが現実的に進めてくれることもあるし、いつの間にか夫婦みたいな関係になっている気もする。

HIЯO 僕がちょっとダメなところもあるお父さんで、アヤァがしっかり者のお母さん(笑)。

アヤァ なにが起きてもお互いに裏切ることはないだろうな、っていう確信はあります。

楽器を持っていないからバンドにもなれないし、メンズアイドルっていうだけじゃ通用しない。だったら自分たちで新しいシーンを作っちゃおうって(アヤァ)

――では、リーダーであるHIЯOさん、現在はプロデューサーとして関わるアヤァさん、それぞれが思う新世紀えぴっくすたぁネ申の強みというと?

HIЯO 最初はJ-POP寄りの楽曲が多かったんですけど、アヤァがバンド寄りの楽曲やピコピコ系の楽曲を書くようになったら、それが強みになっていって。

アヤァ 楽器を持っていないからバンドにもなれないし、かと言ってメンズアイドルっていうだけじゃ通用しないし、だったら自分たちで新しいシーンを作っちゃおう!って。僕が曲を作るとき、そのときそのときの流行も取り入れつつ自分の好きな要素やルーツをしのばせる、というバランスも意識しています。

――今年9月10日に新体制となった新世紀えぴっくすたぁネ申ですが、幾度かのメンバーチェンジを重ねながらも歩みが続いているのは、そうした強みがあるからなのでしょうか。

HIЯO そうだと思います。偏ったテイストの曲しかないと、だいたいメンズアイドルグループの寿命って2年くらいなんですけど、僕らの場合はいろんなジャンルの曲に挑戦しているおかげで、EPIC STAR時代から数えると8年も続いていますから。

次のページ「こういう曲はどうなの?」って言う人もいるけど、面白がってくれる人たちがいれば、僕たちは新たなステージに進めると思う(アヤァ)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする