AKB48・柏木由紀をWACK代表取締役・渡辺淳之介がプロデュース! アイドルの信念とロックの熱の共鳴はなぜ生まれたのか? そのすべてに迫るインタビュー

AKB48・柏木由紀をWACK代表取締役・渡辺淳之介がプロデュース! アイドルの信念とロックの熱の共鳴はなぜ生まれたのか? そのすべてに迫るインタビュー

私はアイドルが一生できる職業になったらいいなあって思っているんです。
年齢やその場の何かに応じて変わっていく自分のスタイルを見つけるのが大事

――渡辺さんとラジオで対談をしたのが、プロデュースをしていただくきっかけだったそうですね。

「はい。その時が初対面だったんですけど、ラジオの生放送中に秋元(康)さんから連絡が来たんです。番組の後半だったので、もしかしたら私たちが話しているのを聴いて、『何かが生まれるんじゃないか?』って、直観的に思ったのかもしれないですね」

――驚きつつも、「これは面白そうだな」と思った人は他にもたくさんいたんじゃないでしょうか。プロのアイドルを貫き続けている柏木さんと、新しいアイドル像を生み続けている渡辺さんは、「強い信念を持っている」という点で通ずるものがあると思うので。

「嬉しいです。やりたいことがブレなかったり、ちゃんと冷静な目を持っているということですよね。『やりたいこと』『求められていること』『世の中の状況』みたいなものを客観視しつつも、『譲れないところは譲りたくない』という部分とか、すごく渡辺さんと話が合うんですよ。求められるものだけに合わせていると、自分がなくなってしまうというのを、私はAKB48のメンバーとして活動を始めて何年か経ってから気づいたんです。そこからは、『自分のやりたいことの中でファンのみなさんが喜んでくださることを探していく』ということを意識するようになって、より楽しく活動できるようになりました」

――それに、「アイドルを一生続ける!」という強い気持ちを抱いていらっしゃいますよね?

「はい。ここ最近、その気持ちが強くなったというか。『アイドルに正解はない』って思うようになって、『ファンのみなさんに喜んでいただく』『歌を続ける』『ステージに立ち続ける』『かわいい衣装を着る』とか、どんな形でも『アイドルである』と自分が思えば、それはアイドルなのかなと」

――つまり、「自分にしか作れないアイドル像を、一生をかけて追求したい」ということですか?

「そうですね。『続けたい』という気持ちも強くなりましたから。維持するものがありつつも、ちょっとずつ何かをアップデートして、成長もできたらいいなあっていうのは感じています」

――結婚をしても活動を続ける女性アイドルがここ1、2年で増えましたよね。

「急に何かが変わりましたよね。私が『30歳までAKBにいます』と言ったのが1年と少し前で、批判的な声を覚悟していたんですけど、意外と『アイドルの年齢制限、賞味期限みたいなのを変えてください』という、私の気持ちを後押ししてくださる声が増えているのを感じました。私はアイドルが一生できる職業になったらいいなあって思っているんです。だからアップデートが大事。10代の頃のアイドル像のまま続けるのは難しいので、年齢やその場の何かに応じて変わっていく自分のスタイルを見つけるのが大事なのかなと思います」

「1回だまされたと思って聴いてください」と思っています(笑)。
「あれ? 意外と……」ってなるのかもしれないです

――“CAN YOU WALK WITH ME??”は、アイドルとして生き続けることを誓っている曲ですよね?

「はい。渡辺さんと知り合ってからそんなに経っていないんですけど、『こんなに自分の気持ちを全部わかってくださるんだ?』という驚きがすごくありました」

――《オワラナイ道を/行くのです》が印象的です。

「目標とかゴールに向かうみたいな感覚は、最近あまりないんです。それよりも『続ける』というのがあって、《オワラナイ道》と表現してくださったんだと思います。しっくりくるものがあって、とても嬉しかったです」

――曲のサウンドは、柏木さんにとって新しいタイプなのでは?

「そうですね、AKBでもソロでも歌ったことがなかったタイプの曲です。WACKのグループのファンのみなさんも結構聴いてくださっているみたいで、それもすごく嬉しいです。『柏木由紀』っていう名前を聞くと『AKB48』とか『長くアイドルをやっている』というイメージみたいなものが浮かぶと思うんですけど、今回初めて渡辺さんにプロデュースしていただいたので、『1回だまされたと思って聴いてください』と思っています(笑)。先入観みたいなのは一旦置いて、フラットな気持ちで聴いていただけると、『あれ? 意外と……』ってなるのかもしれないです」

――アイドルは音楽的な面でも先入観を持たれがちですし、批判を浴びたりすることも多いように感じるんですが、当事者としていかがですか?

「いろんなことを言われますよ(笑)。でも、全然気にならないです」

――公式YouTubeチャンネルで、ひどいコメントを見る企画をやっているのを観ました。

「あれ観たんですか?(笑)。私、コメントを見て喧嘩しつつも、めっちゃくちゃ面白いと思っちゃうんですよ(笑)」

――(笑)。大変なことがたくさんありつつも貫き続けたい「アイドル」の魅力って、柏木さんにとってどのようなものなんでしょう?

「私は子供の頃からアイドルが大好きだったんですけど、いつ見ても元気で明るくて、いろんなことを楽しんでいるところが輝いて見えたんです」

――モーニング娘。とかハロプロのアイドルが大好きだったんですよね?

「はい。嫌なことがあって落ち込んでいても、絶対に元気をもらえる存在だったんです。そういう安心感がずっとあるのが私にとってのアイドルなので、そこは今でも自分の活動に活きていることですね。元気になってもらうためには、自分がいちばん元気じゃないといけないんです。だからアイドルって、なるのはそんなに難しくないけど、続けるのはものすごく難しいっていうことを、やりながらずっと感じています」

次のページ「かっこいい」「強い」「芯がある」みたいなものはアイドルにも必要。アイドルだって自分の考えがものすごくあるし、伝えたいこともあるんです
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする