道なき道を進む「神使轟く、激情の如く。」――通称・神激。未曽有の表現スタイルに懸ける想いをメンバーが語る!

道なき道を進む「神使轟く、激情の如く。」――通称・神激。未曽有の表現スタイルに懸ける想いをメンバーが語る!

こういう楽曲ができるのも6人ボーカルだからこそ。「こいつに任せたらかっこよく決めてくれる」というお互いの信頼があります(ことの)

――最新作の『神楽音』と『Rebellion of Maverick』を聴かせていただきました。

エヴァ ありがとうございます。『神楽音』は“神奏曲〜”のシリーズが一枚になっていて、これを聴くと「プログレッシブミクスチャーメタルコア」とはなんなのかを理解していただけるんじゃないかなと思っています。

ことの 『Rebellion of Maverick』には、神激の楽曲の振り幅が出ています。

――『神楽音』の1曲目“神奏曲:ライトニング”、かっこいいです。神激がまだ限界突破を重ねる決意が伝わってきました。

エヴァ 「これ以上いい曲出せねえ!」くらいの最高傑作ですね。

――《成功者の歴史本じゃない冒険者のドキュメントの歌を今も(QED さらに前へ)/限界からぶっ壊れてくぜ》って、痺れる一節です。

いもこ 神激の現状を表しています。歌詞を評価していただくことがよくあるんですけど、自分にはもともと特技とかが何もなくて。でも、諦めずにやってきたからこそ、歌詞を書けていたりするんです。そういうメッセージもこの曲には込められています。

――どの曲も転調、テンポチェンジも含めた展開が激しいですね。

ことの こういう楽曲を表現できるのも、6人ボーカルだからこそだなと思いますね。「ここはこいつに任せたらかっこよく決めてくれる」という、お互いの信頼がすごくあります。

あまね 『Rebellion of Maverick』に入っている、“青瞬螢詠”のスクリームとよいこのラップとの掛け合いとかも、チームワークが表れていると思います。

――よいこさんのラップは、ドラム経験で培ったリズム感を活かしていますよね?

よいこ はい。でも、新曲が上がってくるたびに「これを歌うのか!?」ってなっていますけど(笑)。でも、それを乗り越えてどんどんスキルアップしている感じです。

あまね 自分に関しても、新しい曲ができるたびに「この音出せるのかな?」ってなるんですけど、それに挑むのが力になっていくんですよね。

――神激の様々な曲を聴いて感じるんですけど、端的に言えば「諦めたくない!」っていう人たちの音楽ですよね?

いもこ そうですね。(私は)もともと諦めてきた人間なんですけど、諦めたあとの自分よりも諦めない自分のほうが圧倒的に楽しいってことを理解しているので、みんなにもそうなってほしいというメッセージを込めています。こういう自分になれた理由は、神激しかないですね。もともとやりたいことがなかった人間なんです。夢中になれることもなかったし、こんなに信頼できる人たちができるとも思っていなかったので。

TiNA 今、そういう同じ意志を持って全員で活動できているっていうのが、神激にとって大きいのかなと思います。

神激の曲を聴いてくれた人たちの一人ひとりが面白い世界になったらいいなって思っています(エヴァ)

――『Rebellion of Maverick』の曲たちも、チームワーク、コンビネーションの大爆発ですね。“合法トリップ:ボイルハザード”、猛烈にかっこいいです。

エヴァ ファン人気も高い曲なんです。

TiNA 看板曲みたいになっています。

――《当たり障りある言葉を飛ばして波風立ててく》というフレーズにガツンとやられました。

よいこ 神激にはヒップホップ的な要素も詰まっているんです。神激の言いたいことはラップゾーンに凝縮されている感じです。

いもこ ラップパートは、楽曲制作チームの「ラップ師匠」という方と作っているんです。私はもともとラップに触れてこなかった人間なので、いっぱい相談しながら念入りに作っています。

――《嗅ぎ分けろ二番煎じと異端変異》と歌っている“オキシバギー”でも感じたんですけど、神激には、世の中にいい意味でのバグを起こす覚悟というか、異端であり続けることへの誇りがありますよね?

ことの 「異端」、「アブノーマル」とかは誉め言葉として受け取っています。

エヴァ 後ろ指さされてもいいんです。

いもこ 中指を立てられてからが勝負ですからね。やり続けることによって何度も失敗はあると思うんですけど、何度も失敗してあがいていく姿がきっと世界を変えていくんだなと思って、“オキシバギー”では歌っています。

――つまり、神激の根本にあるのは「世の中を少しでも面白くしたい」という気持ち?

エヴァ そうですね。神激の曲を聴いてくれた人たちの一人ひとりが面白い世界になればいいなって思っています。

――来年3月30日の武道館公演は、今まで積み重ねてきた活動のひとつの大きな成果となるでしょうね。

ことの あと3、4ヶ月ですけど、武道館にふさわしい存在になっていかなきゃいけないと思っています。新曲の“神奏曲:ライトニング”は、そういう意味も込めて作っていて。「今の限界を壊してもっと先に行かなきゃいけない」っていう想いを抱いて、今の神激は活動しています。

いもこ 上京してきて、私が覚悟を決めたきっかけになったのが、UVERworldさんの武道館ライブで。あれを観て「私もここに立ちたい!」って思ったし、(武道館は)「神激として命懸けてやってくぞ!」って決めた場所なんです。だから必ず成功させたいんですけど、そんな自分の姿を見て、勇気をもらえる人がたくさん増えたらいいなというのはありますね。自分みたいな人がもっと増えてくれたらいいなって思っています。

次のページMV・リリース・ライブ情報
公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

最新ブログ

フォローする