星野 源@日本武道館

星野 源@日本武道館 - all pics by 岸田哲平all pics by 岸田哲平
「今年はいろいろ夏フェスに出ていて、そういうときは1対大勢なんですけど、今日みたいなライヴは1対1だと思ってます。フェスでは、違う動きして、とか、自分の踊りを踊って、とか言うんだけど、今日は1対1だから、みんなが同じ動きをすることに意味があるんだと思います。13000人が同じ動きするって、凄いことだと思うんですよ」。満場のクラップを促してエキサイティングな“Crazy Crazy”へと向かう際に告げたその言葉が、すべてを説明していたのではないだろうか。本物の熱狂は、ぐちゃぐちゃな混沌の向こう側にも一体感を感じさせるものだし、一方、たった一人で13000人もの人々の集中力を引き出し、1対1の対話を繰り広げることだって出来る。星野 源は、音楽にそういう力があるということを知っている。8月12日・13日に開催された「星野源のひとりエッジ in 武道館」、その2日目のステージである。

星野 源@日本武道館
アリーナの中央、360°を客席が取り囲むステージにアコギを携えた星野 源が立つと、北→東→南→西と4方向に向けてお辞儀。演奏は“バイト”で幕を開ける。初めはまるでオーディエンスを押し黙らせるような静謐なタッチでギターをリフレインさせ、メロディの抑揚と歌詞の意味が、タイムラグなしに胸の内へと滑り込んでくるような、あの「星野 源の歌」の時間が訪れる。続く楽曲が歌い出しで“ギャグ”だと分かると、「この曲はいいよね?いいよね?」といった感じで遠慮がちに手拍子を鳴らし始める、オーディエンスのムードも適度な緊張感があって堪らなくいい。

星野 源@日本武道館
「今日は完全にひとりで、最後までやりきりたいと思います!」と意気込みを伝え、“ワークソング”の後にはブルージーでちょっとユーモラスなギターインストから“地獄でなぜ悪い”へと傾れ込む。「横顔もいいよー!」(オーディエンス)「今の、男だろ!」(星野)と和気あいあいとした言葉を交わしながら、NUMBER GIRL“透明少女”のフォーキーで味わい深いカヴァーや、資生堂MAQuillAGE / Snow BeautyのWEB限定ムービーのために書き下ろされた“Snow Men”(「夏の雪」をテーマにした、不思議なラヴソングだ)も披露されるなど、スペシャルな時間が続いていった。

星野 源@日本武道館
星野 源@日本武道館
ライヴではお馴染みのキャラクター=ニセ明に出演をオファーするという映像が流れている間に、ステージは生活感溢れる8畳の部屋を模したセットへと転換される。眼鏡姿の星野 源は「こんなオシャレな感じじゃなかったけど、前は6畳一間の和室で曲を作ってました」と語って胡座をかき、“ばらばら”や“くせのうた”などを披露する。「鼻歌を歌いながらシャワー浴びてたら、人の歌のつもりが自分の歌になってて、マズイ忘れちゃう、と思って、全裸でびちょびちょのまま作った歌です」と届けられるのは“くだらないの中に”だ。

星野 源@日本武道館
そこに突然「源ちゃーん!」と姿を見せる人物が。なんと、Perfumeのかしゆかだ。隣人という設定で遊びに来たらしいのだが、「ちょっとあっち向いてて!」とエロ本を投げ捨てる星野 源がまた冴え渡っている。手土産のハーブティーを振る舞い、「武道館をこういうふうに使う人、初めてですよね」と語りながらアイスクリームを食べるかしゆかと対面して、“老夫婦”が歌われる。どちらが羨ましいんだかよく分からない光景だ。“老夫婦”に《君の声を聞かせて》と“SUN”の歌詞を織り交ぜて歌わせようとするも、「だって、邪魔しちゃ悪いじゃん」と遠慮するかしゆか。「かしゆか、逃げてー!」「その男あぶないよ!」というオーディエンスの声も飛び、笑顔と大喝采に見送られるスペシャルゲストであった。

星野 源@日本武道館
星野 源@日本武道館
エレクトロニカ風の同期が差し込まれる“レコードノイズ”は、珠玉の美しさだった。ステージセットが元通りになると、スーツに着替えた星野 源がレトロなラジカセでリズムトラックを鳴らし“マッドメン”や“海を掬う”が届けられる。「49歳ぐらいのオジサンとオバサンが、銀座のライヴパブみたいなのでチークダンスを踊ってる感じ!」と説明されるゆらゆらとしたダンスをオーディエンスに踊らせ、ドラムセットで自らループを構築しながらの“いち に さん”や“桜の森”と独壇場のラストスパートをかける。本編は“夢の外へ”で締め括られたのだが、寺坂直毅の名調子に導かれて姿を見せたのは、髪型が変わったブランニュー・ニセ明だ。巨大ミラーボールの下で“君は薔薇より美しい”を歌い踊り、アンコールの最後はオーディエンス全員が演奏に参加するような“SUN”で盛大なフィナーレへと向かう。時計を見たら3時間近くも過ぎていて驚いたが、たった一人の星野 源が育む対話の時間とは、つまりそういうものなのである。(小池宏和)

星野 源@日本武道館
●セットリスト

01. バイト
02. ギャグ
03. 化物
04. ワークソング
05. 地獄でなぜ悪い
06. 透明少女
07. Snow Men
08. フィルム
09. Crazy Crazy
10. ばらばら
11. くせのうた
12. 営業
13. くだらないの中に
14. 老夫婦
15. Night Troop
16. レコードノイズ
17. マッドメン
18. 海を掬う
19. いち に さん
20. 桜の森
21. 夢の外へ
(encore)
22. 君は薔薇より美しい
23. SUN
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする