LiSA@幕張メッセ

LiSA@幕張メッセ - all pics by hajime kamiiisakaall pics by hajime kamiiisaka
「みんなの心の中にあること、頑張っていることは誰にも譲らないで。OK? 負けそうになったら私がついてるから!」

ライヴ終盤、決意に満ちた表情でLiSAが会場にそう投げかけると、約1万5千の観客から大歓声が返ってくる。自身最大規模のワンマンライヴとなった「LiSA LiVE is Smile Always~メガスピーカー~」。「大好きな音楽を大きなスピーカーで鳴らす」という何とも彼女らしいテーマが掲げられた祭典は大成功のうちに幕を閉じた。

LiSA@幕張メッセ
スピーカーがたくさん並ぶ舞台セットとレーザー光線、荘厳なSEがオーディエンスの期待を煽るなか開演。1曲目は最新曲“ID”。メガホンを手にしたLiSAによる《特大のスピーカーで 理想鳴らして行け》という宣言と、ライヴのイメージキャラクター「メガクマ」が登場するアニメがオープニングを飾った。満員の会場をぐるーっと見渡しながら「スゲー!」と興奮をそのまま漏らすLiSA。「コ」の字型に伸びる花道へと駆け出しながら何度も手を振り、オーディエンスの盛り上がりっぷりを見ながら「いいね!」と叫んではその表情をさらに輝かせる。上手→下手→ステージ中央とサビの度に異なる場所に設置されたスタンドマイクから歌声を届けたのは“say my name の片想い”。“ギフトギフト”ではピアニカを、“リスキー”ではエレキギターを披露。“DOCTOR”では骸骨のマネキンと官能的に絡み合ってみせる。再び「メガクマ」が登場するアニメーションを挟み、“Rally Go Round”では虹色のスカート姿にお色直しして再登場。ポンポンを持った女性ダンサー2人とともにトロッコに乗りながら客席中央付近まで移動、その位置のまま“エレクトリリカル”でオーディエンスとともにダンス。「LiSA」コールを巻き起こした“WiLD CANDY”ではサポートバンド・らーメンズのメンバー紹介もあり、“Bad Sweet Trap”ではカラフルな衣装を脱ぎ捨て黒一色のセクシーな装いにチェンジした。“EGOiSTiC SHOOTER”ではステージごと上空へせり上がりながら渾身のシャウトを轟かせていく。

LiSA@幕張メッセ
……とここまで一気に書いてしまったが、見ての通り、演出がとにかく盛りだくさんだった。それは一番遠くの席にいるオーディエンスのことも置いてけぼりにせず、みんなで一緒に今を楽しみたいんだという想いの結晶である(ときどき後方の「87列48番の人ー!?」などと呼びかけていたのも印象的だった)。1万5千の視線を一瞬たりとも離さないんだという執念に近い姿勢の表れでもあるし、LiSAを好きになりこの場に集まった人々への信頼の証でもある。この日は確かに自身最大キャパの会場でのライヴだったが、場所がどこだろうとそれは一切変わらないし、そういうライヴをこれからもずっとしていくんだろうなと感じることができたのが素晴らしかった。そうして堂々たるステージングに圧倒されている最中、19曲目に演奏されたのは“Rising Hope”。声の不調があり、無念のうちに終わった2014年の武道館公演以降の道のりを生身のLiSAとともに歩んできたこの曲。リベンジ+ステップアップを果たし、こんなにも素晴らしい景色を生み出した彼女が1万5千人とともに歌う《「僕は要らない まだ見たい未来があるから」》には格別の説得力が宿る。

LiSA@幕張メッセ
ここまでMCは挨拶程度のもののみ。「てんこ盛りだったでしょ?」と笑いながら、「この大きな会場で何ができるかって考えたけど、大好きなみんなと大きな音で遊ぶこと、それ以上の贅沢はないなって思いました」と手応えを話すLiSAである。そして「今年はいろいろなことがあったけど、その一つひとつがひとりだけではチャレンジできないものばかりでした」と様々なフィールドのイベントに出演しながら積極的な挑戦を繰り返した2015年を振り返る。「好きなみんなと遊べればいい」と思っていた以前とは違い、今は「自分の音楽が誰かのためになれるのなら頑張りたい」と思っているのだと語りながら、「幕張メッセなんて埋まると思ってなかったよ、ありがとう」と深々お辞儀をする彼女。惜しみない歓声で会場が満ちたのだった。本編ラストを飾ったのはアカペラで歌い始めた“シルシ ”、そしてテープキャノンが発射された“Mr.Launcher”。その2曲には、これからも君とともに日々を重ねていくんだという真摯なメッセージと、信じたものは握りしめ続けるんだという強靭な意志が詰まっていた。

LiSA@幕張メッセ
「2015年、いい子にしてたみんなにLiSAンタからメリクリ!」とアンコールではサンタ姿でトロッコに乗って登場。さらにメガなスピーク=特大の告知として、LiSA名義でデビューしてから5周年である2016年にミニアルバムをリリースすること、それに伴いホール&Zeppツアーを敢行することを発表! そのあと《最高な幕張を見せてね》という歌詞に変えとオーディエンスの大合唱が彩った“ジェットロケット”で大団円を迎えたのだった。アニバーサリーイヤーとなる来年への期待も膨らむばかりだが、その前にLiSAは12月28日、COUNTDOWN JAPAN 15/16にてCOSMO STAGEのトリとして登場。飛躍の年となった2015年を締めくくる彼女のステージを見逃さないでほしい。(蜂須賀ちなみ)

LiSA@幕張メッセ
●セットリスト
01. ID
02. rapid life シンドローム
03. crossing field
04. 妄想コントローラー
05. say my name の片想い
06. アコガレ望遠鏡
07. ギフトギフト
08. リスキー
09. DOCTOR
10. L.Miranic
11. Empty MERMAiD
12. Rally Go Round
13. エレクトリリカル
14. WilD CANDY
15. Bad Sweet Trap
16. EGOiSTIC SHOOTER
17. コズミックジェットコースター
18. ROCK-mode
19. Rising Hope
20. シルシ
21. Mr.Launcher
(encore)
22.BRiGHT FLiGHT
23. ジェットロケット
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする