JAPAN'S NEXT vol.18/LIQUIDROOM

JAPAN'S NEXT vol.18/LIQUIDROOM - All photo by 山川哲矢All photo by 山川哲矢
『ROCKIN'ON JAPAN』が手がけるライブイベント、JAPAN'S NEXT vol.18が恵比寿LIQUIDROOMで開催された。チケットはソールドアウト、満員のフロアが期待の高さを物語る。それもそのはず。この日のラインナップは、おいしくるメロンパン感覚ピエロSHE'SBRADIOgo!go!vanillasと、それぞれワンマンでも動員に勢いを見せるバンドばかり。その期待に応えるように、全5組が、濃密なアクトで盛り上げてくれた。

JAPAN'S NEXT vol.18/LIQUIDROOM - おいしくるメロンパンおいしくるメロンパン
JAPAN'S NEXT vol.18/LIQUIDROOM - おいしくるメロンパンおいしくるメロンパン
トップバッターは、おいしくるメロンパン。10月に控えるレコ発ツアーの、渋谷クアトロ公演がソールドアウト、急遽、渋谷WWW Xでの追加公演も決定したという、新たなネクストブレイカーの登場だ。昨年リリースされた1stミニアルバムに収録された“シュガーサーフ”そして“紫陽花”と、シャープでクールなロックサウンドを響かせると、新作から“あの秋とスクールデイズ”を披露。《情けないな》のリフレインがエキセントリックに切り裂くように響き、様子見モードだったオーディエンスもぐんと惹きつけられていく。MCでは峯岸翔雪(B)が「この後に控えている人たちは、もうネクストじゃないでしょ。僕らはまだまだネクストなので、期待していてください」と語った。そして同じく新作から披露した“look at the sea”では大きなハンドクラップも起こり、静かに熱を帯びていくようなアウトロに大きな歓声が湧く。この日初めて観たという人も多かったかもしれないが、そのオルタナティブなサウンドには、今後も要注目だ。

JAPAN'S NEXT vol.18/LIQUIDROOM - 感覚ピエロ感覚ピエロ
JAPAN'S NEXT vol.18/LIQUIDROOM - 感覚ピエロ感覚ピエロ
続いての感覚ピエロは、完璧なエンターテイナーに徹した、最高にアッパーなセットリストで、1曲目からトップギアで盛り上げていく。横山直弘(Vo・G)が「存分に花火をぶち上げてやるよ!」と叫び、“CHALLENGER”でスタート。“A-Han!!”での高速ハンドクラップ、“疑問疑答”で見せる滝口大樹(B)のベースのブン回し、会場中が「おっぱい!」と叫ぶ“O・P・P・A・I”と、どこをどう切り取っても笑顔になってしまう究極のエンターテインメント。サウンドの軸が太いからこその完成度。横山は、「前にジャパネクレディオライブで、俺たちJAPAN'S NEXTじゃなくて、JAPAN'S NOWだから!って言ったけど、今はネクストっていう言葉に希望を見出している」と、この日の気持ちを伝えてくれた。ラストは“拝啓、いつかの君へ”。躍らせる、ブチあげるだけではない、感覚ピエロの歌の良さがはっきりと伝わる楽曲で締めた。そして「よく覚えとけ、これが日本のロックバンド、感覚ピエロだ」と言い残して去っていく。大歓声がしばらくやまなかった。

JAPAN'S NEXT vol.18/LIQUIDROOM - SHE'SSHE'S
JAPAN'S NEXT vol.18/LIQUIDROOM - SHE'SSHE'S
スケール感のあるシーケンスに生ドラムのリズムが重なって、SHE'Sは1曲目“Over You”から、井上竜馬(Vo)がキャッチーで高揚感のある歌声を響かせると、フロアの空気がガラリと変わる。続いて奥行きの広いピアノロック“Un-science”が披露されると、とても大きな会場で聴いているような錯覚さえ覚える。圧巻は“Voice”。ヘヴィなギターサウンドから静かなピアノサウンドへとフォーカスが切り替わるような展開で、井上の歌声がメロディの美しさを実感させてくれる。後半はエキサイティングなピアノプレイが徐々にヒートアップし、魅せる、聴かせる。素晴らしい。井上は「JAPAN'S NEXTに呼んでもらえて、僕らのことを日本の次世代だと信じてくれているんでしょうね。期待されてて嬉しいです」と言いつつ、「もっと遠くまでみんなを連れていきたい。ついてきてくれ」と、最後は“遠くまで”。サビのシンガロングがとても感動的だった。

JAPAN'S NEXT vol.18/LIQUIDROOM - BRADIOBRADIO
JAPAN'S NEXT vol.18/LIQUIDROOM - BRADIOBRADIO
登場してから1曲目が始まる前に、ファンキーなコール&レスポンスで一盛り上がり、LIQUIDROOMをディスコに変えてしまったBRADIO。“Revolution”では、“ダンス天国”のフレーズの引用も交え「Na Na Na」のシンガロングが起これば、“-Freedom-”ではゴージャスでメロウでロックなサウンドとソウルフルな歌で、まさにBRADIOの真骨頂を魅せる。真行寺貴秋(Vo)は「俺たちネクスト2回目なんだよ。ネクスト・ネクストってことで、ネクスト・ファンキー・パーティー・ピープルのみんなをパーティーに連れてってやるぜ、よろしく」と、そこがどんな会場だろうと、自らの力でパーティー会場に変えてしまう強さを見せつけた。“Back To The Funk”の前には、(やや)複雑なダンスをオーディエンスにしっかりレクチャーし、ナイスグルーヴの洪水の中で、会場中が見事にソウルなステップを踏んだ。10〜20代の若者が、こんな古き良きファンキーステップで踊る風景は、なかなかに感慨深いものがある。この先、BRADIOがどんなネクストシーンを築いていくのか、とても興味深い。

JAPAN'S NEXT vol.18/LIQUIDROOM - go!go!vanillasgo!go!vanillas
JAPAN'S NEXT vol.18/LIQUIDROOM - go!go!vanillasgo!go!vanillas
そしていよいよトリのgo!go!vanillas。BRADIOがソウル&ファンクのグルーヴならば、バニラズは紛れもないロックのグルーヴを響かせる数少ないバンドのひとつ。1曲目の“おはようカルチャー”で、高らかにカントリー調のロックンロールサウンドを響かせると、その小気味良いリズムに会場中がジャンプの連続。牧達弥(Vo・G)は、「俺はネクストって、いい言葉だと思ってる。ずっとネクストでいたい」と言うと、長谷川プリティ敬祐(B)がすかさず、「それ感覚ピエロもさっき同じこと言ってた」とツッコミを入れる。牧「ええバンドやな(笑)」。しかし、彼らの「まだまだ次へ」というアグレッシブさは、その演奏から明確に伝わってくる。ジェットセイヤ(Dr)のアクションも、柳沢進太郎(G)のジャンプも、後半“平成ペイン”、“カウンターアクション”、“マジック”と進むにつれ激しくなっていく。つくづくロックバンドの潔さとビビッドな衝動を体現するバンドだなと思う。アンコールは“ヒートアイランド”。和のグルーヴを取り入れたロックサウンドでフロアはタオルをブンブン回し、夏の終わりの祭りは大団円を迎えた。

終演後には、次回、JAPAN'S NEXT vol.19の開催と、その出演者も発表された。次回は11月11日(土)、同じく恵比寿LIQUIDROOMで、Ivy to Fraudulent GameポルカドットスティングレイヤバイTシャツ屋さん夜の本気ダンスの4組。先行で発売されたチケットには、瞬く間に長蛇の列ができていた。次回のジャパネクも熱くなりそう。(杉浦美恵)


●セットリスト
おいしくるメロンパン
1 シュガーサーフ
2 紫陽花
3 あの秋とスクールデイズ
4 5月の呪い
5 look at the sea
6 色水

感覚ピエロ
1 CHALLENGER
2 A-Han!!
3 疑問疑答
4 A BANANA
5 O・P・P・A・I
6 拝啓、いつかの君へ

SHE'S
1 Over You
2 Un-science
3 Voice
4 Ghost
5 遠くまで

BRADIO
1 Revolution
2 スパイシーマドンナ
3 -Freedom-
4 FUNKASISTA
5 Back To The Funk

go!go!vanillas
SE We are go!
1 おはようカルチャー
2 エマ
3 ラッキースター
4 平成ペイン
5 カウンターアクション
6 マジック
EN ヒートアイランド



終演後ブログ

最新ブログ

フォローする