BABYMETAL/さいたまスーパーアリーナ

BABYMETAL/さいたまスーパーアリーナ - All photo by Tsukasa Miyoshi (Showcase)All photo by Tsukasa Miyoshi (Showcase)

●セットリスト
1.BABYMETAL DEATH
2.ギミチョコ!!
3.メギツネ
4.ヤバッ!
5.紅月 -アカツキ-
6.GJ!
7.シンコペーション
8.META!メタ太郎
9.イジメ、ダメ、ゼッタイ
10.KARATE
11.ヘドバンギャー!!
12.Road of Resistance
13.THE ONE -English ver.-


BABYMETAL/さいたまスーパーアリーナ
「さいたまスーパーアリーナ! お前ら、準備はできているか!」。神バンドの轟音アンサンブルを貫いて響き渡るSU-METAL(Vocal & Dance)のコールが、地鳴りの如き大歓声とともに沸き返る会場の熱気と歓喜をなおも高めていく――。

赤坂BLITZで開催されたMETAL HEAD(男性)限定の「黒キツネ祭り」/MEGITSUNE(女性)限定の「赤キツネ祭り」/GOLDEN EGG(10代)限定「金キツネ祭り」の3公演、さらに東名阪Zeppを舞台にそれぞれ行われた「銀キツネ祭り」(60歳以上&小学生限定の「ROYAL FOX SEAT」設置)、「白キツネ祭り」(コープスペイント=白塗り限定)……といった5形態で7月〜8月にかけて行われてきた、オーディエンス限定型ライブハウス公演「5大キツネ祭り in JAPAN」。
その集大成として、さいたまスーパーアリーナ&大阪城ホール各2Daysという規模で開催されたワンマンライブ「巨大キツネ祭り in JAPAN」のうち、たまアリ公演2日目となった9月27日のアクトは、「BABYMETALが今、世界中で求められる理由」そのものを、ホームグラウンドたるここ日本で改めて、超弩級のスケール感とともに実証するものだった。
BABYMETAL/さいたまスーパーアリーナ
BABYMETAL/さいたまスーパーアリーナ
天井まで届きそうな5枚のLEDビジョンを背後に配したステージ。「5大キツネ祭り in JAPAN」を総括するナレーションが告げた「今宵、その五色の狐火は巨大な炎となり、我々のメタルの魂に火をつけるのだ」の厳かな宣誓――。BABYMETALが2017年という時代に刻んできたストーリー=「METAL RESISTANCE EPISODE V(メタルレジスタンス第5章)」を想起させる要素のひとつひとつが、観客の期待感を高ぶらせていく。
そんな中、“BABYMETAL DEATH”の激烈イントロとともにSU-METAL/YUIMETAL(Scream & Dance)/MOAMETAL(Scream & Dance)が舞台に登場! 会場は終始レッドゾーン超えの狂騒感と多幸感に包まれていった。
BABYMETAL/さいたまスーパーアリーナ
世界各地のステージを揺らし続けている、およそ邦楽ライブ離れしたレベルの強靭なリズム。ツインギター×6弦ベースの重低音が織り成す、ラウドでハードで、なおかつカラフルですらある超絶アンサンブルの数々。「メタルの拡大解釈」も「古今東西メタルの正統性」も全部盛り込みながら、それを今この時代のポップアートとして体現するBABYMETALの3人の弾けんばかりの挑戦精神――。
そんな複層的な要素が生み出す奇跡のバランスが、神バンドまで含め完全に血肉化されていることが、“ギミチョコ!!”、“メギツネ”など1stアルバム『BABYMETAL』の楽曲群からも、“ヤバッ!”、“シンコペーション”といった2ndアルバム『METAL RESISTANCE』収録曲からもリアルに伝わってくる。
BABYMETAL/さいたまスーパーアリーナ
BABYMETAL/さいたまスーパーアリーナ
何より、この日のBABYMETALのアクトが物語っていたのは、他ならぬ3人の歌とパフォーマンス+神バンドの演奏自体が至上のロックショウである、という明快な姿勢だった。
約3年前、2015年1月に同じくさいたまスーパーアリーナで行われた「LEGEND“2015” 〜新春キツネ祭り〜」では、王宮の如き舞台装飾や、センターステージへの架け橋がメンバーを乗せて空飛ぶ船のように宙に浮いたりする大仕掛けも含めての、壮大なテーマパーク性も備えたエンターテインメントだった。
が、この日のBABYMETALのアクトは、爆音花火の特効やレーザー光線など最低限の演出を除けば、ステージから放つ歌と音のエネルギーで満場のたまアリに真っ向から対峙する、決然とした潔さに貫かれたものだった。
BABYMETAL/さいたまスーパーアリーナ
舞台狭しと火の玉が噴き上がった“イジメ、ダメ、ゼッタイ”から“KARATE”、さらに“ヘドバンギャー!!”、“Road of Resistance”、“THE ONE -English ver.-”へ――とアンセム連射で鉄壁のセットリストを構築、終演に向けて怒濤の高揚感とシンガロングを描き出していたこの日の展開の中で、特に強烈な色彩感をもって鳴り渡っていたのは、中盤に披露された“META!メタ太郎”だった。
《メタルが響けば/ぼくらは友達さ》……「世界をメタルでひとつ(THE ONE)にする」という途方もないコンセプト=「メタルレジスタンス」に、夢物語でもフィクションでもなく「現実」としての形を与えてきた彼女たちだからこそ掲げ得る、メタルと僕らを前へ先へと突き動かす応援歌であり行進曲。演奏を止め、オーディエンスにメロディを委ねるSU-METALに応えて、会場一面に♪オーオーオーの力強い歌声と拳が高々と突き上がった瞬間は、名場面満載のアクトの中でもひときわ感動的なシーンとして胸に残った。
BABYMETAL/さいたまスーパーアリーナ
終演後のビジョンには、来るべき「METAL RESISTANCE EPISODE VI(第6章)」への予告も飛び出していた「巨大キツネ祭り in JAPAN」。「メタルとポップの融合」を遥かに超えた、エモーショナルなロックアクトとしての訴求力と躍動感が、この日のBABYMETALのライブには確かにあった。(高橋智樹)
BABYMETAL/さいたまスーパーアリーナ

終演後ブログ
【速報】BABYMETAL「巨大キツネ祭り in JAPAN」たまアリ2日目、燃え盛る歓喜の絶景を観た
さいたまスーパーアリーナ満場の情熱と歓喜が壮大な渦を巻く、この上なく幸せな絶景。 ライブハウスを舞台に展開されてきた「5大キツネ祭り in JAPAN」を経て、たまアリ&大阪城ホール各2Daysという規模で開催中の「巨大キツネ祭り in JAPAN」はまさに、BABYMETALの3人が僕らに…
【速報】BABYMETAL「巨大キツネ祭り in JAPAN」たまアリ2日目、燃え盛る歓喜の絶景を観た

最新ブログ

フォローする