BiSH/NHKホール

BiSH/NHKホール

●セットリスト
1.Am I FRENZY??
2.SMACK baby SMACK
3.デパーチャーズ
4.MORE THAN LiKE
5.I am me.
6.オーケストラ
7.DiSTANCE
8.GiANT KiLLERS
9.MONSTERS
10.CHOP
11.DEADMAN
12.遂に死
13.stereo future
14.スパーク
15.KiND PEOPLE
16.My landscape
17.NON TiE-UP
18.サラバかな
19.プロミスザスター
(アンコール)
EN1.BiSH-星が瞬く夜に-
EN2.リズム
EN3.beautifulさ


数々のビッグネームが公演を行っているNHKホールのステージにBiSHが立つ日がついに来た! そんな感慨深さで胸いっぱいのまま客席に入ると、ほのぼのとした童謡が客入れのBGMとして流れていて、思わず笑ってしまった。そして、開演直前に「WACKのワクワクお兄さん」として影アナを務めたのは、BiSHが所属する株式会社WACKの代表取締役・渡辺淳之介氏。注意喚起の項目が読み上げられる度に、「はーい!」と元気いっぱいに声を上げた良い子の清掃員(BiSHファンの呼称)は、ソワソワと居ても立っても居られない様子で開演を待ちわびていた。

BiSH/NHKホール

紗幕の向こう側に浮かび上がったアイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dの姿。そして、紗幕が上がり、“Am I FRENZY??”がスタートした。エネルギッシュなバンド演奏に包まれながら全力で歌って踊った6人の姿が雄々しい。扇を用いた能楽のような振付、リンリンの鋭いシャウト、ドラマチックに高鳴るメロディに刺激されて、歓声を上げた清掃員の熱量は、早くもすさまじいことになっていた。続いて、“SMACK baby SMACK”、“MORE THAN LiKE”なども届けられたが、メンバー各々の個性的な動きや歌声から、片時も目と耳を離すことができない。歌やダンスのユニゾンによる一体感というよりも、個々の持ち味を奔放に交し合うスタイルが主軸となっているBiSHのパフォーマンスは、NHKホールの広いステージに鮮やかに映えていた。

中盤での印象的だった1曲として思い出されるのは“オーケストラ”。ピアノ伴奏でチッチが歌った密やかな幕開けを経て、バンドの他の楽器パートが合流。メンバーたちの歌声の連携、全身を大きく使ったダンスによって、NHKホールの1階席、2階席、3階席の隅々までもが瑞々しいムードで満たされていく様にワクワクさせられた。そんなひと時を経て迎えたMCタイム。約4ヶ月に亘るツアーを振り返るトークがグダグダ状態となり、彼女たちは頭を抱えていた。「ウチらが滑ったらしらけるよね……」(アイナ)。「2020年は、もうちょっとスムーズにMCができるように頑張ろうよ」(チッチ)――反省会をした後、次に披露する“GiANT KiLLERS”の煽り役をジャンケンで決め始めた6人。勝利したアユニ・Dは、引っ込み思案な自身のキャラクターに反することなので、あまり気が進まない様子であったが、「最高のねずみ年にしようぜ!」とアグレッシブな声を上げて、清掃員を力強く巻き込んだ。

BiSH/NHKホール
BiSH/NHKホール

喉が張り裂けそうな雄叫びを上げながら怒涛の勢いで駆け抜けた“DEADMAN”。両腕を掲げながら掌を揺らしたメンバーたちと清掃員が、ゾンビの群れのような風景を作り上げていた“遂に死”。ハードコア極まりない2曲を経て、再び迎えた小休止では、BiSHのワンマンライブで恒例となっているコントが繰り広げられた。唐突に「私はアイナ・ジ・エンドだから!」と言い張り始めたハシヤスメが、インチキくさいエセ関西弁で話したり、アイナがボーカルで参加したMONDO GROSSOの“偽りのシンパシー”を暑苦しいトーンで歌ったり、キレが極めて悪いダンスを披露したりする様に、ひたすら呆れていた他の5人……というシュールな内容に堪えきれず、笑い続けていた清掃員。しかし、ユルユルしたムードは、“stereo future”を皮切りに突入した後半戦で劇的に覆った。天高く突き抜けるようなアイナの歌声や、メンバー各々の全力のパフォーマンスが、美しい空間を作り上げていた“My landscape”。《おっぱい舐めてろ チンコシコってろ》という強烈な一節を放ちながら、地鳴りのような歓声を誘った“NON TiE-UP”――猛烈にかっこよかった2曲を経て突入した“サラバかな”は、清掃員の激しいコールの嵐。“プロミスザスター”は、耳を傾けながら胸を震わせた人々の鼓動が、周囲の空気を通じて伝わってくるかのような華々しい本編の締め括りとなった。

ステージにメンバーが勢いよく飛び込んできて、スタートしたアンコール1曲目“BiSH-星が瞬く夜に-”。強力なバンド演奏と完全に一体となりながら、6人各々の歌声を響かせた様は、黄金のアンサンブルを築き上げていた。続いて、アイナが作曲、モモコが作詞を手掛けた“リズム”も披露されて、瞳を潤ませていた清掃員。そして、メンバーを代表してチッチが想いを語った。「みなさんもマイナスな気持ちになることがあると思うんですけど、私はファンの人に『BiSHが生き甲斐だよ』って言われた瞬間があって。それがとても心に刺さったんです。そういう人がいる内は、私たちも生きて生きて、音楽を届けていかなきゃいけないなと思ったし、この時間も私たちの生き甲斐。とても幸せって、こういうことだなと思ってます」。彼女はこの公演でNHKホールのステージに立つ前に、『NHK紅白歌合戦』に出演するのを目標としつつも果たせなかったことに対する無念も滲ませた。「今年の年末は絶対にここに戻ってきて、『紅白』に出ます!」という宣言を聞いて、大きな拍手と歓声を送った清掃員。メンバーたちは、とても嬉しそうな表情を浮かべながら反応を受け止めていた。

ラストを飾ったのは、“beautifulさ”。両手の人差し指を頭上で突き上げる、通称「トゲトゲダンス」を踊りながら大合唱した清掃員の姿が眩しかった。届けた音楽が幸福な風景を作り上げているのを目にすることは、毎回の公演でBiSHにかけがえのないエネルギーを授けているのだろう。歌い終えた後、名残り惜しそうにステージ上に暫くの間とどまり、何度も手を振っていた6人の姿は、明るい喜びに満ちていた。(田中大)

BiSH/NHKホール
BiSH/NHKホール
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする