ポール・マッカートニー製作総指揮のドキュメンタリー『12-12-12』、1/16日本公開決定

ポール・マッカートニー製作総指揮のドキュメンタリー『12-12-12』、1/16日本公開決定

ポール・マッカートニー製作総指揮の映像作品『12-12-12』(原題)が、『12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ』として2015年1月16日(金)より日本公開されることが明らかになった。

同作は2012年12月12日NYのマディソン・スクエア・ガーデンで実施されたチャリティー・コンサート「12.12.12 The Concert For Sandy Relief」に迫ったドキュメンタリー作品となる。コンサートの目的は同年10月にアメリカ東海岸に甚大な被害をもたらしたハリケーン「サンディ」の被災地救済で、ポール・マッカートニー、ザ・ローリング・ストーンズ、ザ・フー、エリック・クラプトン、ビリー・ジョエル、ボン・ジョヴィ、ブルース・スプリングスティーンなど総勢16組のアーティストと84名の著名人が参加し、ライヴ・パフォーマンスやスピーチ、寄付受付ダイヤルの電話応対などを行った。米国内では39のテレビ局、海外では20以上のテレビネットワークで生放送され、25以上のWEBストリーミングを実施。さらに50以上のラジオ局でコンサートの模様を放送し、世界中で約20億人が視聴可能な環境を整え、一晩で5000万ドル(約54億円)の復興基金を集めることになった。

ライヴ・パフォーマンスではニルヴァーナがポールをメンバーに迎えて一夜限りの復活を果たし、ザ・フーにはリンゴ・スターの息子、ザック・スターキーが参加。また被災地域出身のジョン・ボン・ジョヴィとブルース・スプリングスティーンをはじめ、ロジャー・ウォーターズとエディ・ヴェダー、クリス・マーティンとマイケル・スタイプらが共演を果たしている。

『12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ』はこのイベントのステージに加え、バックステージの模様や、イベントの裏方に参加したハリウッドスターたちの様子が収められた映像記録となっている。

作品の詳細は以下の通り。

●映画情報
『12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ』
製作総指揮:ポール・マッカートニー
製作:メーガン・オハラ『シッコ』
監督:アミール・バーレフ/チャーリー・ライトニング
2013 / アメリカ / 英語 / 106分 / DCP / 5.1ch / カラー / 原題:12.12.12 / 日本語字幕:種市譲二/配給:トランスフォーマー

【「12.12.12 The Concert For Sandy Relief」出演アーティスト】
ポール・マッカートニー/ザ・ローリング・ストーンズ/ザ・フー(ドラムにリンゴ・スターの息子ザック・スターキーが参加)/エリック・クラプトン/ビリー・ジョエル/ボン・ジョヴィ/ブルース・スプリングスティーン(Eストリート・バンド)/ロジャー・ウォーターズ(元ピンク・フロイド)/エディ・ヴェダー(パール・ジャム)/ポール・シェイファー/アリシア・キーズ/カニエ・ウェスト/クリス・マーティン(コールドプレイ)/マイケル・スタイプ(R.E.M)/ダイアナ・クラール/ニルヴァーナ(デイヴ・グロール、クリス・ノヴォセリック、パット・スメア)

オフィシャルHP: 121212-movie.com
(C) 2013 Robin Hood Foundation All Rights Reserved

2015年1月16日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする