COUNTDOWN JAPAN 2016に出場する5組はこうして決まった。RO69JACK優勝発表イベントレポート

  • COUNTDOWN JAPAN 2016に出場する5組はこうして決まった。RO69JACK優勝発表イベントレポート - all pics by 上山陽介/入賞アーティスト全組集合写真

    all pics by 上山陽介/入賞アーティスト全組集合写真

  • COUNTDOWN JAPAN 2016に出場する5組はこうして決まった。RO69JACK優勝発表イベントレポート - トロフィー

    トロフィー

  • COUNTDOWN JAPAN 2016に出場する5組はこうして決まった。RO69JACK優勝発表イベントレポート - 授賞式の様子 uguis

    授賞式の様子 uguis

  • COUNTDOWN JAPAN 2016に出場する5組はこうして決まった。RO69JACK優勝発表イベントレポート - 授賞式の様子 SEKIRARA

    授賞式の様子 SEKIRARA

  • COUNTDOWN JAPAN 2016に出場する5組はこうして決まった。RO69JACK優勝発表イベントレポート - 授賞式の様子 ニトロデイ

    授賞式の様子 ニトロデイ

  • COUNTDOWN JAPAN 2016に出場する5組はこうして決まった。RO69JACK優勝発表イベントレポート - 授賞式の様子 betcover!!

    授賞式の様子 betcover!!

  • COUNTDOWN JAPAN 2016に出場する5組はこうして決まった。RO69JACK優勝発表イベントレポート - 授賞式の様子 Mr.EggPlant

    授賞式の様子 Mr.EggPlant

  • COUNTDOWN JAPAN 2016に出場する5組はこうして決まった。RO69JACK優勝発表イベントレポート - 忘れらんねえよ(ゲストアーティストライブ)

    忘れらんねえよ(ゲストアーティストライブ)

  • COUNTDOWN JAPAN 2016に出場する5組はこうして決まった。RO69JACK優勝発表イベントレポート - 優勝アーティスト集合写真

    優勝アーティスト集合写真

  • COUNTDOWN JAPAN 2016に出場する5組はこうして決まった。RO69JACK優勝発表イベントレポート - all pics by 上山陽介/入賞アーティスト全組集合写真
  • COUNTDOWN JAPAN 2016に出場する5組はこうして決まった。RO69JACK優勝発表イベントレポート - トロフィー
  • COUNTDOWN JAPAN 2016に出場する5組はこうして決まった。RO69JACK優勝発表イベントレポート - 授賞式の様子 uguis
  • COUNTDOWN JAPAN 2016に出場する5組はこうして決まった。RO69JACK優勝発表イベントレポート - 授賞式の様子 SEKIRARA
  • COUNTDOWN JAPAN 2016に出場する5組はこうして決まった。RO69JACK優勝発表イベントレポート - 授賞式の様子 ニトロデイ
  • COUNTDOWN JAPAN 2016に出場する5組はこうして決まった。RO69JACK優勝発表イベントレポート - 授賞式の様子 betcover!!
  • COUNTDOWN JAPAN 2016に出場する5組はこうして決まった。RO69JACK優勝発表イベントレポート - 授賞式の様子 Mr.EggPlant
  • COUNTDOWN JAPAN 2016に出場する5組はこうして決まった。RO69JACK優勝発表イベントレポート - 忘れらんねえよ(ゲストアーティストライブ)
  • COUNTDOWN JAPAN 2016に出場する5組はこうして決まった。RO69JACK優勝発表イベントレポート - 優勝アーティスト集合写真

通算17回目を数えるアマチュア・アーティスト・コンテストのRO69JACKは、毎回、ROCK IN JAPAN FESTIVALやCOUNTDOWN JAPANの出場権を巡って熱戦が繰り広げられてきた。制作委員会の協議とリスナーのインターネット投票により優勝/入賞アーティストの選出が行われるが、2016年の2回のコンテストからは、新たな企画として、入場無料のファイナルイベントが開催されるようになった。

2016年12月10日、渋谷duo MUSIC EXCHANGE。RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPANの入賞アーティスト25組が一堂に会し、その場で優勝アーティストが発表されるというRO69JACK 2016 WINTER FINALの開催当日である。フリーイベントということで一般の来場者も見守る中(事前に公式サイト上で参加受付が行われた)、MCとして大阪から駆けつけた飯室大吾(FM802)は自分自身も今日の発表を心待ちにしていたと語り、イベントの趣旨を伝えていた。前回のRO69JACK 2016 SUMMER FINAL(渋谷クラブクアトロで開催された)と同様、GYAO! MUSIC LIVEでの生配信をご覧になった方も多いだろう。

全国から集結した入賞アーティスト25組には、トロフィー授与が行われる。順次、スタジオライブ映像と共に紹介されてステージに上るのだが、個性と技術を突き詰めた迫力のライブ映像とは裏腹に、溌剌とした顔もあれば内気そうな顔もある。至って普通の若者たちだ。映像だからカッコいいということではなくて、楽器を手に取りステージに立った瞬間、表現者としてのスイッチがONになる人たちなのだ。そのギャップがまた堪らなくいい。

この後には、2009年冬のRO69JACK入賞アーティスト、忘れらんねえよがスペシャルゲストとして登場。ライブパフォーマンスを繰り広げてくれる。サポートメンバー含む4人編成の彼らは、激エモーショナルでありながら愛嬌溢れる楽曲群を次々に放ち、そして柴田隆浩(Vo・G)はそもそも自分たちが優勝アーティストではないことに触れながら「25組の入賞アーティストがここにいて、そのうち何組かが優勝するわけですね。死ね! エールとか特にない!」と笑いを誘うのだった。でも、最後には「でっかい壁に立ち向かうのがロックバンドだろ!? 絶対負けんなよ」と熱い言葉を投げかけるなど、歯ぎしりしながらひた走る背中を見せてくれていた。最高だ。

さあ、いよいよ優勝アーティスト発表の決定的瞬間が訪れる。MCの飯室大吾は、ファイナリストである入賞アーティスト全員が勝者だと語っていたし、このファイナルイベント自体にもひとつのお祭り感が立ち込めていたけれど、この瞬間ばかりはさすがに場内の空気が張り詰めていた。RO69JACKでは、優勝アーティストが何組になるのか、事前に決められてはいない。そのことも、発表の緊張感を助長している。

ドラムロールが鳴り響き、まずコールされたアーティスト名は、uguisだ。続いて、SEKIRARA、ニトロデイ、betcover!!が、最後にはMr.EggPlantが選出された。順次あらためてステージ上に招かれ、優勝トロフィーと大きな優勝パネルを受け取る。忘れらんねえよ・柴田も、ゲストプレゼンターとして登場していた。マイクを向けられて自信に満ちた言葉を放つアーティストがいれば、喜びとも驚きともつかない表情を見せるアーティストもいる。さっそくCOUNTDOWN JAPAN 16/17出演のスケジュールを心配するリアルな声も届けながら、会場に集まった人々の祝福を受けるのだった。

目に見えるスコアや競技タイムを競うわけではないから、音楽のコンテストは本当に難しい。あのアーティストが優勝を逃すのか、という驚きはもちろんあるし、ぶっちゃけこれを書いている僕にもある。インターネット投票に参加したリスナーなら、選考の難しさの一端を味わうことができるだろう。趣味嗜好や価値基準が無数にあり、5組の優勝アーティストは今回、見事にそれを突破してみせた。凄いことだ。

こちらのページ(http://jack.ro69.jp)で、あらためて優勝/入賞アーティストの音源に触れてみてほしいし、COUNTDOWN JAPAN 16/17に参加予定の方は、ぜひ優勝アーティストの勇姿を見届けてほしい。そして、ああだこうだと語らいましょう。それこそが、明日のロックシーンを作る行為なのです。(小池宏和)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする