レディオヘッドのエド、「夢見ていた」というギター・モデルをフェンダーと開発

  • レディオヘッドのエド、「夢見ていた」というギター・モデルをフェンダーと開発
  • レディオヘッドのエド、「夢見ていた」というギター・モデルをフェンダーと開発
  • レディオヘッドのエド、「夢見ていた」というギター・モデルをフェンダーと開発
  • レディオヘッドのエド、「夢見ていた」というギター・モデルをフェンダーと開発
  • レディオヘッドのエド、「夢見ていた」というギター・モデルをフェンダーと開発
  • レディオヘッドのエド、「夢見ていた」というギター・モデルをフェンダーと開発

レディオヘッドのギタリストであるエド・オブライエンが、フェンダーミュージック株式会社と共同開発したシグネチャーモデル「EOB SUSTAINER STRATOCASTER®」を発売した。

フェンダーと作り上げた同モデルは、レディオヘッド特有のサスティンを実現するためピックアップには FERNANDES® SUSTAINERTM を採用。より多彩な音作りが可能になっているという。


このモデルについて、エドは以下のように語っている。

ずっとフェンダーをプレイしてきましたが、フェンダーとギターを共同開発できたことはとても光栄です。最初のアイデアは、実は僕の夢見ていたストラトキャスターが元になっています。

フェンダーのシニア・マスタービルダーのアレックス・ペレスやイギリスのアーティストリレーションであるネイル・ウィッチャー、そして関わってくれた全てのフェンダーのスタッフ、そしてエンセナダ工場のチームと一緒に、僕たちは細かいところまで楽しみながら本当に美しいギターをともに作り上げました。この唯一無二の素晴らしいサウンドで、きっと音作りの幅がぐっと広がるでしょう。


なお、エドは2016 年から2017年の『ア・ムーン・シェイプト・プール』のツアーで同ギターを試験的に起用していたとのことだ。

商品の詳細は以下。

最新ブログ

フォローする