関ジャニ∞が『Love music』で語った音楽的ルーツ。東京事変、ミスチル、ゴイステなど

関ジャニ∞はグループとしてバラエティ番組で冠番組を持ちながら、メンバーはそれぞれ俳優、司会者としてもさらに活躍の幅を広げており、「アイドル」という枠を超えて老若男女に知られるグループに日を追うごとにスケールアップしている。そんな関ジャニ∞の活動を語る上で欠かせないのが、メンバー全員が楽器を演奏できるという、「バンド」としての音楽活動だろう。関ジャニ∞のメンバーを「アーティスト」として迎え音楽的ルーツを聞き出したのが、先日11月19日深夜に放送された『Love music』だ。

スタジオに登場したメンバーの安田章大、丸山隆平のふたりに聞く最初のルーツは「初めて買ったCD」。安田が初めて買ったのは安室奈美恵の『CAN YOU CELEBRATE?』。丸山は先輩KinKi Kidsの『硝子の少年』を挙げ、Jr.時代から人気で同じ関西発のジャニーズとして憧れだと語り、これには安田も「(初めて買ったCDだとは)知らなかった」と驚いていた。

スタジオには居ない他のメンバーの初めて買ったCDも紹介され、渋谷すばるはEAST END×YURIの『DA.YO.NE』、錦戸亮はスピッツの『涙がキラリ☆』、村上信五はMr.Childrenの『シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~』、横山裕はとんねるずの『がじゃいも』、そして大倉忠義は安田と同じく安室奈美恵『CAN YOU CELEBRATE?』。錦戸が洋楽などではなくスピッツだったことや、渋谷が当時、EAST END×YURIのPVと同じような恰好をしていたということなど、それぞれ意外だったりイメージ通りで納得だったりもしたが、メンバーの時代やカラーが出るチョイスだった。

続いてアーティストとして「影響を受けた楽曲」を発表。丸山はボーカルが椎名林檎だとは結び付かず聴いていたという東京事変の“群青日和”、Mr.Childrenの“ランニングハイ”、安田は「何とも言えない青臭さ」が大好きだったと語るGOING STEADYの“STAND BY ME”、Mr.Childrenの“言わせてみてぇもんだ”を挙げた。そしてふたりとも選んだ曲はギターを始めるきっかけでもあった、ゆずの“夏色”。ゆずに憧れ、梅田駅の路上でギターを持ち、ふたりでライブを行ったという、アイドルの話とは思えないエピソードも飛び出した。

他のメンバーの影響を受けた楽曲も紹介され、渋谷は自身のカバーアルバム『歌』にも収録されているRCサクセションの“スローバラード”などを選曲、錦戸はファンであることを公言していて、この間もライブに行ったというレキシの“狩りから稲作へ”、そのレキシがキーボーディストとして在籍していたSUPER BUTTER DOGの“サヨナラCOLOR”などを選んでいた。大倉は、楽屋でもよく口ずさんでいるという尾崎豊の“卒業”、音楽の話よりもMCの話をよくするという村上は、スタジオのメンバーふたりも驚くX JAPANの“Forever Love”、横山は『ドラゴンボール』などアニメのテーマソングなどを選んだ。ここでも渋谷はボーカリストに特徴のある楽曲を選んでいたり、村上はピアノ・キーボードに特徴のある楽曲を選んでいたりと、それぞれの担当楽器への影響やキャラクターが出る面白い選曲となっていた。

番組ではそれぞれの担当楽器で憧れているプレイヤーも挙げており、ギターの安田は、悪ガキのような顔で純粋に音楽を楽しんでいる姿が好きで、ライブDVDも擦れるほど見たというWANIMAのKO-SHIN。ベースの丸山は、影響を受けた楽曲でも選んでいた東京事変のメンバーでもある亀田誠治と、関ジャニ∞に楽曲提供もしているOKAMOTO'Sハマ・オカモトを挙げていた。

関ジャニ∞のニューシングル“応答セヨ”はバンドでの演奏曲。今年発売されたアルバム『ジャム』では、グループが出演する音楽バラエティ『関ジャム 完全燃SHOW』に出演してきた豪華作家陣に楽曲提供を受け、同じように番組ではハマ・オカモトにベースを教わるなどプレイヤーとしても成長してきた。この日の放送でスタジオライブを行ったのは、安田が影響を受けた楽曲に挙げていたGOING STEADYの解散後、峯田和伸が組んだ銀杏BOYZ。“エンジェルベイビー”を歌い上げ峯田が客席にダイブするライブを観た安田は、子供のように「最前列に居たかった」と興奮気味に語ったあと、「自分もやりたいと常に思っている」と話した姿はロックミュージシャンそのものだった。

ときにバンドとしてフェスに出演し、男女関係なくロックファンを盛り上げ、ときにアイドルとして歌い踊る。丸山がベースについて真面目に語った後「穴があったら入りたい」と笑うなど、番組で「アーティスト」として扱われることに本人たちは照れていたが、立派なアーティストとして申し分ないグループの根幹となっている音楽歴を知ることができた放送だった。(菊智太亮)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする