松田龍平&野田洋次郎ら、映画『泣き虫しょったんの奇跡』ヒット祈願。「この先に想いを馳せる映画なんじゃないかな」

松田龍平&野田洋次郎ら、映画『泣き虫しょったんの奇跡』ヒット祈願。「この先に想いを馳せる映画なんじゃないかな」
松田龍平、RADWIMPS・野田洋次郎、豊田利晃監督、プロ棋士・瀬川晶司五段の4名が集結した映画『泣き虫しょったんの奇跡』のヒット祈願が、本日4月9日(月)に鳩森八幡神社の将棋堂にて将棋映画として初めて実施された。

奉納されている「王将」の大駒の前で祈願を行った後は、4名全員による記者会見へ。本作について、主演の松田は「素晴らしい映画になったので、映画の神様が降りたなと思います。今日は将棋の神様にヒット祈願したので、微笑んでくれたら」とコメント。本作でメガホンをとった豊田監督は、「一人でも多くの人に見てほしい映画になりました」と語った。

本作の脚本や原作の印象を聞かれた松田は、「瀬川さんがとても正直に気持ちを書いていらっしゃるなと思って、僕もすべて出し切ってやりたいなと思いました」と、作品への意気込みをコメント。松田演じる「しょったん」の親友でありライバルである鈴木悠野役の野田は、「将棋を全く知らなくても『人生の本』としてすごく面白かったし、こんな人生があるんだとびっくりして。『龍平、絶対やったほうがいいな』と思ったし、参加できるのであればぜひ参加したいと思わされました」と明かした。

公私ともに仲が良く、映画初共演となった松田と野田は、互いの印象について振り返り、松田は「才能が溢れ出ている。ミュージシャンとは思えないというか、逆に役者じゃないからそういう空気感が出せるのかな」と野田を絶賛し、対する野田は、「僕が参加した時はすでに現場の空気が出来ていたし、龍平もそこに主演として居たし、圧倒されました」と松田の存在の大きさについてコメント。豊田監督も、松田同様に野田の演技を絶賛しており、「色んな役者さんがいっぱい出ているけど、タイプがひとりだけ違って、新鮮な感じで満足しています。すごく芝居したんじゃないかな」と改めて太鼓判を押していた。

本作では将棋の監修も行っている瀬川五段は、撮影現場にも何度も足を運んでおり、将棋の駒の並べ方やしまい方を含め、プロと同じような作法を役者陣にレクチャーしていたという。瀬川に指導を受け、空き時間もずっと将棋を指していたという野田は、「瀬川さんはプロの棋士として孤独な戦いをしていたが、ミュージシャンもずっとひとりで曲を作ったり、似ている部分がある」と共通点についてコメント。瀬川五段も、「対局はひとりでやるしかないが、映画は皆で作り上げていく、チームプレーなところが新鮮で楽しかった」と笑顔で撮影を振り返った。同じく瀬川五段の指導を受けた松田は、「瀬川さんの教え方がうまくて、将棋の楽しさを教えてもらいました」と振り返り、瀬川五段からも「最初に比べたら遥かに強くなっている」とお墨付きをもらっていた。

松田は、「将棋が大好きな方にはもちろん、より将棋の熱を上げる映画だと思うし、将棋を知らない人が見ても間違いない映画になったなと。瀬川さんの半生と、奨励会でがんばっている熱い棋士たちのドラマ、その思いを感じられる映画になったと思います」と改めて本作の魅力をコメント。野田は、「この物語は、どこか浮世離れしているけどまぎれもない現実。どんな人が見ても間違いなく響くし、自分の人生を振り返ったり、この先に想いを馳せる映画なんじゃないかな」と、物語の魅力について熱弁した。豊田監督は本作を、将棋に詳しくない人や子供から年配まで楽しめる作品にしたと前置きした上で、「個人的には、自分と同じように奨励会を挫折した人に見てほしい。夢破れた経験のある人たちに届けたい」と熱い思いをコメント。瀬川五段は、「あきらめなければ夢は叶うというのが大きなテーマだけど、実際には色んな人たちの支えがあって実現できた。この映画は、ひとりじゃなくて誰かに支えられていることに気付かせてくれるし、全ての人に見てほしいけど、特に個人的には小中学生や、先生方にも見ていただきたいです」とメッセージを贈った。

なお、映画『泣き虫しょったんの奇跡』は、2018年秋に公開される。

松田龍平&野田洋次郎ら、映画『泣き虫しょったんの奇跡』ヒット祈願。「この先に想いを馳せる映画なんじゃないかな」 - ©2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 ©瀬川晶司/講談社©2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 ©瀬川晶司/講談社

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする