BABYMETAL、日本人初「Rock on the Range」2ndステージのヘッドライナーとしてパフォーマンス

 BABYMETAL、日本人初「Rock on the Range」2ndステージのヘッドライナーとしてパフォーマンス - (C) Amuse Inc. Photos by Calan Beasley(C) Amuse Inc. Photos by Calan Beasley

BABYMETALが5月20日(現地時間)、オハイオ州・コロンバスで開催された「Rock on the Range」に出演し、日本人アーティストとしては初めての2ndステージのトリを務めた。

8日のカンザスシティーから始まったアメリカ南部から中西部をまわる「BABYMETAL WORLD TOUR 2018」では全会場ソールドアウト、動員は1万5千人を超えるという。
METAL RESISTANCE 第7章では、ダークサイドの選ばれし7つのメタルの魂「THE CHOSEN SEVEN」をテーマにした内容で、新曲“Distortion”を始めとする複数の新曲の披露や新衣装、さらにパフォーマンスも一新したライブを見せている。

 BABYMETAL、日本人初「Rock on the Range」2ndステージのヘッドライナーとしてパフォーマンス - (C) Amuse Inc. Photos by Calan Beasley(C) Amuse Inc. Photos by Calan Beasley

「Rock on the Range」では多くのオーディエンスが集まり、3年ぶりにヘッドライナーとして戻ってきたBABYMETALに期待を寄せていた。ライブがスタートすると兜を身につけ杖を操るパフォーマンスの“IN THE NAME OF”、“Distortion”と新曲を立て続けに披露。
“メギツネ”、“ギミチョコ!!”、“KARATE”と馴染みの楽曲をパフォーマンスするとクラウドサーフやコールアンドレスポンスも次々と発生。堂々としたパフォーマンスでヘッドライナーの役目を果たしたという。

 BABYMETAL、日本人初「Rock on the Range」2ndステージのヘッドライナーとしてパフォーマンス - (C) Amuse Inc. Photos by Calan Beasley(C) Amuse Inc. Photos by Calan Beasley

BABYMETALは6月からはヨーロッパツアーが控えており、また10月には日本公演も決定している。

関連記事はこちら。
BABYMETAL、痛切にひずんだ新曲“Distortion”から彼女たちの「使命感」を読み解く
2ndアルバム『METAL RESISTANCE』の後、2年余りにわたって新曲のリリースがないまま、それでも世界各地でライブを繰り広げることでなおも状況を拡大し続けてきたBABYMETAL。そのディスコグラフィにおける「空白」が日本時間5月8日0時、「BABYMETAL WORLD TOUR …
BABYMETAL、痛切にひずんだ新曲“Distortion”から彼女たちの「使命感」を読み解く

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする