RCサクセション・渋さ知らズなどで活躍したテナーサックス奏者・片山広明が逝去

RCサクセション渋さ知らズなどで活躍したテナーサックス奏者、片山広明が67歳で亡くなったことがわかった。

2007年リリースの『dust off』より2018年『Last Order』(HAPPY HOUR名義)まで、5枚のアルバムをリリースしていた地底レコードは、「長年の酒の飲み過ぎから来る肝臓ガンですね」、「肝硬変が悪化して遂にというかそりゃそうだろと思うぐらい悪くなっていたようですね。病院を変えて検査を充実させたり、手術をしたり良くしようとは努力をしていた様子はみてとれましたが、昨夜具合が悪くなり今朝、息を引き取ったそうです。ご冥福をお祈りさせていただきます」と追悼している。

コメント全文は以下より。

また、渋さ知らズの不破大輔も自身のTwitterでこの訃報を伝えている。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする