ノエル直々の演技指導や、ジャック・ホワイトへの憧憬……。 『アリー/ スター誕生』のブラッドリー・クーパーに直撃!「ロック・スター」について訊いてきた

ノエル直々の演技指導や、ジャック・ホワイトへの憧憬……。 『アリー/ スター誕生』のブラッドリー・クーパーに直撃!「ロック・スター」について訊いてきた

映画『アリー/ スター誕生』の日本公開を機に、今作で長編映画の監督デビューを果たし、世界的ロック・シンガーであるジャクソン・メインを演じたブラッドリー・クーパーへのインタビューを行った。

レディー・ガガがアリーを演じ映画初主演を飾ったことも話題になっている今作だが、劇中で披露される楽曲の数々は全て、ガガとブラッドリーによる書き下ろしだ。
制作にルーカス・ネルソンやマーク・ロンソンも携わったサウンド・トラックは粒ぞろいの名曲集となっており、その全ての楽曲が本作のダイナミックなドラマの中で必要不可欠な存在感を放っている。
先日発表されたグラミー賞では、主題歌“シャロウ ~『アリー/ スター誕生』 愛のうた”が「最優秀レコード賞」と「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞」、「最優秀楽曲賞」、「最優秀映像作品楽曲」の4部門にノミネートされた。

監督としての才能はもちろん、なんといっても、これまでほとんど音楽活動を行ったことがなかったというブラッドリーの完璧なロック・スターぶり、特にステージのシーンでのリアルなパフォーマンス力には誰もが圧倒されることだろう。
クリス・コーネルトム・ペティをも彷彿させるような、そしてレディー・ガガにも劣らないその歌声は、ブラッドリー自身が幼少期から持つロック・スターへの憧れと、1年半に及ぶ徹底的なボイス・トレーニングにより完成されたものだ。

rockinon.comでは、そうした音楽面について、プロモーション来日時にブラッドリーへのインタビューを行った。ニール・ヤングをはじめ、ノエル・ギャラガージャック・ホワイトエディ・ヴェダーらについて語ったとても貴重なQ&Aを紹介する。

取材では、この他にも表題曲“シャロウ ~『アリー/ スター誕生』 愛のうた”の秘話やボイス・トレーニング期間のエピソードを語ってくれたが、その全容は、『ロッキング・オン』2019年3月号に掲載予定だ。

インタビューの最後には、ムビチケカードのプレゼントも掲載しているので、最後までチェックしてほしい。

インタビュー:滑石蒼

ノエル直々の演技指導や、ジャック・ホワイトへの憧憬……。 『アリー/ スター誕生』のブラッドリー・クーパーに直撃!「ロック・スター」について訊いてきた

ルーカス・ネルソンとの共同作業、そしてニール・ヤングについて



●どの曲も楽曲として際立っている上に、全ての曲が映画の中で必然的な役割を果たしていて素晴らしいサウンド・トラックですが、中でも特に“Black Eyes”が印象的でした。ジャクソンが偉大なロック・スターであることを一瞬ですべて物語っている曲でもあり、楽曲としても本当に力強くて、聴いた瞬間観ているみんなが惹きこまれます。王道アメリカン・ロックな1曲ですが、この曲はルーカス・ネルソンとの共作ですよね?

「ルーカスと彼のバンドのプロミス・オブ・ザ・リアルと一緒にレコーディングしたんだけど、最初からかなりの手応えがあったよ。冒頭のあの2本のギターのくだりとか……ギターでたった1音だけを何度も繰り返し弾くところとかもう最高だと思って。

あれは完全にニール・ヤングからの影響だよね。ニール・ヤングは大好きなんだ、たった2音弾いただけで見事なギター・ソロに仕立て上げてしまうっていうね(笑)、それでもこんなに素晴らしいギターは聴いたことがないっていう気持ちにさせてくれるから!

あの曲が出来たのは、まさにルーカスと共同作業の積み重ねてきた結果なんだ。その前から1年くらい一緒にずっと作業をしてたんで……あのときも僕がギターを口で歌って、ルーカスがそれをギターで演奏してね。

レストランを出てステージに行くまでのシーンのギター・ソロを、僕がルーカスに歌って……ある意味、すごく理想的な共同作業のあり方というか、昔ながらの手法で作ってる曲なんだよ」

ノエル直々の演技指導や、ジャック・ホワイトへの憧憬……。 『アリー/ スター誕生』のブラッドリー・クーパーに直撃!「ロック・スター」について訊いてきた - (C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

最初はコールドプレイやレディオヘッド寄りのキャラクターだった!?



●役作りの際、頭の中にはエディ・ヴェダーの存在があったとのことですが、彼のどんなところがジャクソンというキャラクターに反映されているのでしょうか?

「エディ・ヴェダーが自分にとって昔から憧れて尊敬してるミュージシャンだったこともあり、もともとはジャクソンのイメージとして彼みたいなキャラクターを想像してたんだよね。

エディ・ヴェダー以外にも、ノエル・ギャラガーとかブルース・スプリングスティーンのイメージも頭にあったし、それともちろんニール・ヤングもね。本当に、自分が昔から好きで憧れたミュージシャン全員があの役に活かされていて、それが全部ミックスされてジャクソン・メインの人物像を作り上げてる。

ただ、ジャクソンっていう人物の大まかなタイプを決めるにあたって、最初マーク・ロンソンと作業を始めた頃にはコールドプレイとかレディオヘッド寄りのキャラクターを想定してたんだよね。

そこからまさにパール・ジャム的なグランジを経て、カントリーを経て、今言った全部を合体させたようなあのキャラクターに辿り着いたっていうね」

ノエル直々の演技指導や、ジャック・ホワイトへの憧憬……。 『アリー/ スター誕生』のブラッドリー・クーパーに直撃!「ロック・スター」について訊いてきた - (C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

ノエル・ギャラガーからの演技指導



●ノエル・ギャラガーについても訊こうと思ってたんですけど、6年前から付き合いがあるそうですね。ノエルの話だと、あなたにロック・スターとしての在り方を指南したとか。

「(笑)」

●両腕を曲げて2度手を叩く仕草の元ネタは自分だと、あるインタビューで語っていましたが(笑)。

「自分では意識してなかったけど(笑)、なるほど、そんなことを言ってたのか(笑)。ノエルを観察したり身近に接しているうちに、自然と移っちゃったんだろうね。

ちょうど何日か前にも会ったばかりでね。映画のこととか、評判がいいこととか色々話してたんだけど、ノエルに何度も映像を送ってはダメ出しされてね。その努力と執念の賜物が今回のキャラクターであるとかいう話をしてたけど(笑)」

ノエル直々の演技指導や、ジャック・ホワイトへの憧憬……。 『アリー/ スター誕生』のブラッドリー・クーパーに直撃!「ロック・スター」について訊いてきた - (C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

ジャック・ホワイト主演説の真相について



●ジャクソンのキャスティングの際には色々なミュージシャンや俳優の名前が挙がったかと思いますが、結果的にあなたがジャクソンを演じたことで素晴らしい結果を生んで、パフォーマンスのシーンも本当にリアルでした。

「嬉しいね」

●それで、ジャクソン・メインを演じる役者の候補としてジャック・ホワイトが挙がっていたと耳にしたんですが、これは本当ですか?

「いや、それは違っていて、単なる噂話のひとつなんだ。ただ、ジャック・ホワイトからも多大な影響を受けてることは確かだよ。今回、ナッシュビルにいるジャック・ホワイトに実際に会って話す機会にも恵まれたし、何度かステージも見学させてもらって。

ジャック・ホワイトからは確実に影響を受けてるよ。僕らの時代を代表する数少ない現役のロック・アイコンのうちの1人だと思うから……今の時代では本当に希少な存在だよね。ジャック・ホワイトの存在から本当にいつも刺激を受けてる」

ノエル直々の演技指導や、ジャック・ホワイトへの憧憬……。 『アリー/ スター誕生』のブラッドリー・クーパーに直撃!「ロック・スター」について訊いてきた - (C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

――そして最後の質問では、俳優ならではの回答も。

●今回の撮影を通して音楽を習得されたわけですが、今後その能力を活かす予定は?

「いや、全然(笑)」

●えー(笑)。

「(笑)。自分が役者をやって恵まれてると思うのは、色んな世界を垣間見られるっていうことで。それこそ兵士からシェフから大昔のイギリス人の人生まで体験することができる、そこが役者っていう職業の魅力なんだよね。

今回この映画が終わったことで、また新しく、別の何かに夢中になるんだと思う」

●なるほど。その前にぜひ生歌をライブで聴きたかったのですが……。

「あはは、ただ、あれはあくまでもジャクソン・メインとしての歌だからね。僕自身が歌ってるわけじゃないんだよ。もし僕が普通に歌ってたら、ああはならなかっただろうし……

あれはやっぱり僕じゃなくて、ジャクソンの歌なんだよ。ジャクソンのキャラクターは地声が低い設定だから、僕が普通に歌ったときとはまた違ったあの音楽が生まれたんだと思うよ」

ノエル直々の演技指導や、ジャック・ホワイトへの憧憬……。 『アリー/ スター誕生』のブラッドリー・クーパーに直撃!「ロック・スター」について訊いてきた - (C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

『アリー/ スター誕生』の公開を記念し、rockinon.comではムビチケカードを抽選で2名様にプレゼント致します。(提供:ユニバーサル・ミュージック)

応募締切は12月26日(水)正午
下記メールアドレスに、氏名、住所、電話番号をお間違えのないよう明記の上ご応募下さい。
rockinon@rockinon.co.jp

当選者の発表は商品の発送をもって代えさせていただきます。
みなさまからのご応募、お待ちしております!

ノエル直々の演技指導や、ジャック・ホワイトへの憧憬……。 『アリー/ スター誕生』のブラッドリー・クーパーに直撃!「ロック・スター」について訊いてきた - 『アリー/ スター誕生』ムビチケカード『アリー/ スター誕生』ムビチケカード

また、現在発売中のロッキング・オン1月号には、レディー・ガガのインタビューを掲載中。いかにしてブラッドリー・クーパーが今作で自ら歌うことになったのかがガガの言葉で語られている。

ノエル直々の演技指導や、ジャック・ホワイトへの憧憬……。 『アリー/ スター誕生』のブラッドリー・クーパーに直撃!「ロック・スター」について訊いてきた - 『rockin'on』2019年1月号『rockin'on』2019年1月号


公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする