デヴィッド・ボウイ、 アナログ盤BOX SET『スパイング・スルー・ア・キーホール』の詳細発表! “Space Oddity”の最初のデモ音源など収録

デヴィッド・ボウイ、 アナログ盤BOX SET『スパイング・スルー・ア・キーホール』の詳細発表! “Space Oddity”の最初のデモ音源など収録

デヴィッド・ボウイが1969年に発表したアルバム『スペイス・オディティ』の50周年を記念してリリースされる、当時の貴重なデモ音源などを収録した7インチ・シングル・ボックス・セット『スパイング・スルー・ア・キーホール』の詳細が発表された。

同ボックス・セットには、昨年12月に期間限定で一時的にストリーミング配信が行われていたが、フィジカル作品として正式にリリースされるのは今回が初となる。

“Space Oddity”の初期バージョンなどを含む未発表音源は、主にボウイのソロ・ボーカルと自宅でレコーディングされたデモ・パフォーマンスの音源となっているそうだ。

なお、ジャケットの写真は1968年の夏にトニー・ヴィスコンティのアパートでレイ・スティーヴンソンが撮影したものだという。

また、シングル盤のレーベル面のデザインは、ボウイが当時出版会社やレコード会社に音源を送る際に使っていたデモ盤のレーベルを復刻したものとなっており、中にはEMI DISCのレーベル面にボウイ直筆の楽曲タイトルが書かれたものも含まれているという。

デヴィッド・ボウイ、 アナログ盤BOX SET『スパイング・スルー・ア・キーホール』の詳細発表! “Space Oddity”の最初のデモ音源など収録

『スパイング・スルー・ア・キーホール』は、4枚組で4月5日にリリースされる予定だ。

リリースの詳細、ならびに各楽曲の概要は以下。

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする