来日決定のクイーン+アダム・ランバート「最初に私たちを認めてくれた日本にまた戻れることはとても感慨深いです」

来日決定のクイーン+アダム・ランバート「最初に私たちを認めてくれた日本にまた戻れることはとても感慨深いです」

2020年1月の来日公演が決定したクイーン+アダム・ランバートだが、メンバーからのコメントが届いている。


【ロジャー・テイラー コメント】
日本はクイーンにとって、いつでも特別な国。その日本にまた戻り、最新のツアーが出来るのが待ち遠しいです。

【アダム・ランバート コメント】
前回の来日以来、早くまた日本に行きたい!と切望するくらい日本にはたくさんの良い思い出があるんだ。1月には全く新しいステージをみんなに観てもらいに戻るからね!

【ブライアン・メイ コメント】
日本とクイーンの繋がりは、ある意味伝説とも言えます。時が経つほどその想いは強くなっている上に、映画 『ボヘミアン・ラプソディ』の日本での成功は、類をみない強い結びつきを私たちに感じさせます。今から約50年前、最初に私たちを認めてくれた国 日本に、2020年1月にまた戻れることはとても感慨深いです。スバラシイデス!



来日決定のクイーン+アダム・ランバート「最初に私たちを認めてくれた日本にまた戻れることはとても感慨深いです」

さらにステージ・デザイナーのRic Lipson (リック・リプソン) からも「このツアーは、ライブミュージックが持つパラメーターを広げることになるでしょう。この新しいショーは、クイーンの音楽が持つ壮観かつ革新的な要素、そして普遍的な要素全てを表現するステージになることを約束します」とのコメントが届いている。

同公演は、今夏より北米スタートする「ラプソディ・ツアー」の一環として行われるもので、東京、大阪、愛知にてそれぞれ開催される予定だ。

クイーンのオリジナル・メンバーであるギタリストのブライアン・メイとドラマーのロジャー・テイラーにボーカリストとしてアダム・ランバートを迎え、さらにキーボードで長年の共同制作者スパイク・エドニー、ベースのニール・フェアクロフ、そしてパーカッションのタイラー・ウォーレンがラインナップに加わっている。

来日決定のクイーン+アダム・ランバート「最初に私たちを認めてくれた日本にまた戻れることはとても感慨深いです」

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする