タイラー・ザ・クリエイター、ジャック・ホワイトが最新作に参加していた&ビリー・アイリッシュと共演したいと明かす

タイラー・ザ・クリエイター、ジャック・ホワイトが最新作に参加していた&ビリー・アイリッシュと共演したいと明かす

全米アルバム・チャート「Billboard 200」で初のナンバーワンを獲得したタイラー・ザ・クリエイターのニュー・アルバム『IGOR』に、ジャック・ホワイトが参加していることが明らかとなった。

Appleのラジオ局「Beats 1」のインタビューを報じた「The Fader」によると、タイラー・ザ・クリエイターは、「そうだよ。彼はギターを弾いてる。でも自分のギターを聴けないからと言って、クレジットを望まなかったんだ」とコメントし、ジャックの参加を認めていたとのことだ。

「The Fader」は、“ARE WE STILL FRIENDS?”でジャックがギターを弾いているのではないかと予想しているが、現時点では確認は取れていないという。

ニュー・アルバムにはジャック以外にも、ラ・ルーが“THANK YOU”にボーカルで参加している。タイラーは「La Rouxの声はピッタリで奥行きがある。“THANK YOU”には彼の声が必要だったんだ。将来的にラ・ルーとは絶対に何かやるつもりだ」と語っている。

タイラーはアルバム制作前に、自身のInstagramにて「『IGOR』で手を貸してほしい」と投稿して呼びかけを行っていた。同作にはソランジュとリル・ウージー・ヴァート、フランク・オーシャンらも参加していると伝えられている。


同インタビューでタイラーはビリー・アイリッシュについて、「彼女のことは好きだよ。ずっと今やっていることをやり続けてほしい」とした上で、いずれはビリーともスタジオで共演したいと明かしていたそうだ。


この発言について、ビリーは自身のInstagramで「こんな言葉をあのタイラーの口から聞けるなんて本当に信じられない。タイラー、あなたがいなかったら私は何者でもなかったんだよ......」と喜びを爆発させている。

関連記事はこちら。
これまでで最も完璧でいて、なおかつ生々しすぎる傑作
タイラー・ザ・クリエイターの2年ぶりの新作だが、リリース後にはビルボード初登場1位を記録するだけでなく、絶賛をもって迎えられた。実は三角関係の相手への思いをぶちまけていく作品で、その赤裸々で直截でありながら、タイラーならではの意匠でもってその感情を表現へと仕立てていくところが素晴らしく、そ…
タイラー・ザ・クリエイター イゴール
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする