テイラー・スウィフト、最新作『ラヴァー』が全米&全英1位獲得! 第1週の売上が米ALチャート全体の27%を占める

  • テイラー・スウィフト、最新作『ラヴァー』が全米&全英1位獲得! 第1週の売上が米ALチャート全体の27%を占める
  • テイラー・スウィフト、最新作『ラヴァー』が全米&全英1位獲得! 第1週の売上が米ALチャート全体の27%を占める
  • テイラー・スウィフト、最新作『ラヴァー』が全米&全英1位獲得! 第1週の売上が米ALチャート全体の27%を占める
  • テイラー・スウィフト、最新作『ラヴァー』が全米&全英1位獲得! 第1週の売上が米ALチャート全体の27%を占める

8月30日に最新アルバム『ラヴァー』をリリースしたテイラー・スウィフトだが、同アルバムが全米・全英チャートで初登場1位を獲得した。

また、米「Billboard」の発表によると、『ラヴァー』のデジタル配信も含めたトータルの換算売上は86万7000枚を記録。2017年にリリースした前作『レピュテーション』以来、最も売れたアルバムになったそうだ。


さらに、『ラヴァー』はCDやダウンロード等、純粋なアルバム売上では67万9000枚を記録しており、「SPIN」によると、この数字はCDやレコードなどを含む同週のアルバム・チャート全体の売上枚数248万7000枚の27%にあたるという。つまり、この週に販売されたアルバムの約4分の1が『ラヴァー』ということになる。

なお、前作の『レピュテーション』は初週121万6000枚を売り上げ、チャート売上全体の29%を占めたとのことだ。

同アルバムはテイラーにとって6作目の全米1位を獲得したアルバムで、これにより、テイラーは6枚すべてが「週間セールス50万枚を超えた唯一の女性アーティスト」に輝いたほか、レディー・ガガと並んで「この10年で最も全米1位を獲得した女性アーティスト」にもなったという。

テイラーは、同アルバムのプロモーションのため11月に来日することが決定している。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする