カート・コバーンによるスケッチなどをデザインしたアパレルコレクションが発売。娘フランシスがキュレーターに

カート・コバーンによるスケッチなどをデザインしたアパレルコレクションが発売。娘フランシスがキュレーターに

ニルヴァーナのカート・コバーンのスケッチやアートなどをフィーチャーしたアパレルコレクション「Kurt Was Here」が販売されることがわかった。

「Rolling Stone」の記事を報じた「Consequence of Sound」によると、同コレクションはカートの財団でビジネス部門を務める「The End of Music, LLC」が「Live Nation Merchandise」とコラボしたもので、各商品がカートにインスパイアされているという。

「Kurt Was Here」と題された同コレクションには、カートが手掛けたアートワークにスケッチ、手書きのメモなどがあしらわれたTシャツやトレーナー、さらにカートによる作品が集められた大型のアート本などが取り揃えられているとのこと。

なお、同コレクションのキュレーターは、カートとコートニー・ラヴの娘であるフランシス・ビーン・コバーンが務めているそうだ。


「Kurt Was Here」は、欧米ではバーニーズ、セルフリッジといったデパートや百貨店、また最近ローンチされたウェブサイト「KurtCobainShop.com」で数量限定で販売されている。

カートについては、過去に支払われた印税の小切手が最近見つかり、そこに書かれていた金額が話題となっていた



ニルヴァーナの記事は現在発売中の『ロッキング・オン』10月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

カート・コバーンによるスケッチなどをデザインしたアパレルコレクションが発売。娘フランシスがキュレーターに - 『rockin'on』2019年10月号『rockin'on』2019年10月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする