My Hair is Badというロックバンドが今いてくれることの意味について昨晩のZepp Tokyoを観て思う

My Hair is Badというロックバンドが今いてくれることの意味について昨晩のZepp Tokyoを観て思う
初めてライブを観た時からMy Hair is Badは本物のロックバンドとしてひたすらわがままを貫いていた。
時代がどう変わっていってもマイヘアはそのままでいい。
でも、そのままでいいということを確信し続けるために、ステージ上でバンドマンとして呼吸するだけでロックバンドとしてばっちりキマれるもっともっと凄い曲が必要だった。
だから彼らは『boys』というアルバムを作ったのだろう。
今回のツアーからは、それがめちゃめちゃ伝わってくる。
『boys』の曲がヤバい。
それと同時に今までの曲もヤバさを増している。
マイヘアは、これでいいのだ。

こうやってライブハウスでぶちかましまくったあと、またデカいとこでどうロックバンドとして闘うのかも楽しみだな。(古河晋)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする