宇宙まお、3年振りの自主企画「宇宙ツアーズ」であいらもえかと熱演!

宇宙まお、3年振りの自主企画「宇宙ツアーズ」であいらもえかと熱演!
シンガーソングライター宇宙まおが親しいアーティストを招いて行う自主企画シリーズ「宇宙ツアーズ」を、11月29日に渋谷・TAKE OFF7で行った。
3年振りとなるこの日のお相手はあいらもえか。アイドルユニット「アメフラっシ」のメンバー愛来と鈴木萌花がふたりで行うサブユニットで、このふたりは「あいらもえか」になった時にはギターを弾く。
もともと、作曲という形で楽曲提供をした事から関係が始まった宇宙まおとあいらもえかだが、宇宙まおが昨年リリースしたアルバム『電子レンジアワー』の収録曲"snow poppins"では共演が実現している。

開演定時、「音楽の宇宙旅行」のツアーコンダクターに扮した宇宙まおが企画の趣旨を説明した後に呼び込むと、その"snow poppins"をSEにあいらもえかが登場!
宇宙まおに提供された"ギターリフ"、"恋をしてね"、"スポットライト"の3曲を立て続けに演奏した後、宇宙まおとの出会いのエピソードを語ってくれた。続いて"涙色ランジェリー"をカバー。その後、カバー曲や各作家に提供されたオリジナル曲を披露してくれた。
あいらもえかが宇宙まおの企画に参加するのは今年の2月以来だが、アコースティックギターの上達が目覚ましく、ふたりのこのユニットに賭ける本気度がうかがえた。

宇宙まお、3年振りの自主企画「宇宙ツアーズ」であいらもえかと熱演!
20分の転換の後、宇宙まおが登場。8月から10月にかけて行われた弾き語りワンマンツアーを経てもはや安定感のあるパフォーマンスでお馴染みの曲を連打!
お返しとなる"ギターリフ"のセルフカバーを挟んで、来年1月8日(水)発売のアルバム『永遠のロストモーメント』からの新曲3曲を続けて歌ってくれた。
ライブでは初披露となる"潮騒"は、宇宙まおとしては新しいシティーポップの曲調でありながら、情景がはっきり見えてくる歌詞はならではのもの。本編最後の"愛だなんて呼ぶからだ"まで8曲を一気に歌い上げた。

宇宙まお、3年振りの自主企画「宇宙ツアーズ」であいらもえかと熱演!
アンコール、真ん中の宇宙まおを挟む形で左右にあいらともえかが並ぶスタイルはとっても新鮮。
あいらもえかがギターを持って、宇宙まおが手にしたのはスレイベルだった。クリスマスソングの定番楽器を持って歌われたのはもちろんコラボ曲"snow poppins"。11月29日ながら会場内はクリスマスムード一色に包まれた。
もう一曲、彼女たちに楽曲提供した"Graduate~それぞれの道へ~"を3人で歌った後、全員ギターを手放すと会場内には突然スペーシーな電子音が流れる。ラストは毎回お約束となるこの自主企画のテーマ曲"宇宙ツアーズのテーマ"だ。どこか宇宙的でコミカルな振り付けで並んで踊る3人の姿は、アイドルユニット(?)のようでもあった。

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする