U2、「ヨシュア・トゥリー・ツアー」がインドにて終幕。新曲“Ahimsa”初披露&ノエル・ギャラガーと共演

U2、「ヨシュア・トゥリー・ツアー」がインドにて終幕。新曲“Ahimsa”初披露&ノエル・ギャラガーと共演 - pic by ROSS STEWARTpic by ROSS STEWART

名盤『ヨシュア・トゥリー』を完全再現する「ヨシュア・トゥリー・ツアー2019」を開催したU2だが、現地時間12月15日、インドはムンバイにて同ツアーの最終公演を迎えた。

Stereogum」によると、ツアー最終日では最新シングル“Ahimsa”を初披露したそうで、同楽曲でコラボしたボリウッドの作曲家、A.R.ラフマーン、さらに彼の2人の娘とシンガー・ソングライターのRianjali Bhowmickと一緒にパフォーマンスしたという。

“Ahimsa”の演奏前、ボノはインドが同楽曲のインスピレーションになったと述べ、「“アヒンサー”と呼ばれる教義は歴史上において最も強大な力で、インドから世界へ向けた最大の贈り物だ」と紹介していたそうだ。


また、U2は『ヨシュア・トゥリー』を全曲プレイし終えた後、ノエル・ギャラガーをステージに上げ、「90年代のU2のライバルはオアシスだった」と紹介。ノエルが弾くアコースティック・ギターに合わせてU2の曲“Desire”を演奏し、さらにライブの最後にはノエルとラフマーンが傘下し“One”が披露されたとのこと。

ファンが撮影した“Desire”と“One”のパフォーマンスはYouTubeにてアップされている。

https://youtu.be/tny29TLqQOQ
https://youtu.be/2yUzXW50jVk

「ヨシュア・トゥリー・ツアー」日本公演のライブレポートは以下。

U2と日本のファン、双方の愛が爆発した13年ぶりの来日公演――『ヨシュア・トゥリー』完全再現でみせた圧倒的なステージとメッセージ性を体感した!
この年末にきて2019年最高のライブ体験となった!! ヨシュア・トゥリーの影が映るステージBでラリー(・マレン)がドラムを叩き出し、ジ・エッジ(G)があのイントロを弾きながら登場した瞬間の爆発的な歓声には日本中のファンの思いが凝縮されていた。 あっという間に月日が経ち、なんと1…
U2と日本のファン、双方の愛が爆発した13年ぶりの来日公演――『ヨシュア・トゥリー』完全再現でみせた圧倒的なステージとメッセージ性を体感した! - pic by Yuki Kuroyanagi



U2の関連記事は現在発売中の『ロッキング・オン』1月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

U2、「ヨシュア・トゥリー・ツアー」がインドにて終幕。新曲“Ahimsa”初披露&ノエル・ギャラガーと共演 - 『rockin'on』2020年1月号『rockin'on』2020年1月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする