デヴィッド・ボウイ、毎週1曲ずつ公開される未発表音源集から“Stay '97”の配信がスタート!

デヴィッド・ボウイ、毎週1曲ずつ公開される未発表音源集から“Stay '97”の配信がスタート!

1週間に1曲ずつ、6週間にわたり全曲が公開されてゆくデヴィッド・ボウイの未発表曲EP『IS IT ANY WONDER?』から、3曲目となる“Stay '97”の配信がスタートした。

“Stay”は、1976年にボウイが発表したアルバム『ステイション・トゥ・ステイション』にオリジナルが収録されている楽曲で、同年の8月には北米と日本でシングルとしてもリリースされている。

今回公開された97年リ・レコーディング・バージョンのアイデアは、「アースリング・ツアー」のリハーサル中、先に会場入りしていたボウイとマーク・プラティ、そしてリーヴス・ガブレルスが、他のメンバーが集まる前にバッキングやシーケンスの準備を行っていた時に生まれたものだという。

その後、Bサイド曲を想定してレコーディングが行われたものの最終的に世に出ることはなく、このほど初公開されることとなったそうだ。


『IS IT ANY WONDER?』からは、すでに“世界を売った男(原題:The Man Who Sold the World)”のCHANGESNOWBOWIEバージョンと、“I Can't Read '97”の2曲の配信がスタートしており、今後も毎週1曲ずつ収録曲が公開されていく予定だ。



公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする