Dragon Ash、300曲以上の楽曲をサブスク解禁。MV&ライブ映像も同時配信

  • Dragon Ash、300曲以上の楽曲をサブスク解禁。MV&ライブ映像も同時配信
  • Dragon Ash、300曲以上の楽曲をサブスク解禁。MV&ライブ映像も同時配信
  • Dragon Ash、300曲以上の楽曲をサブスク解禁。MV&ライブ映像も同時配信
  • Dragon Ash、300曲以上の楽曲をサブスク解禁。MV&ライブ映像も同時配信
Dragon Ashが、メジャーデビュー記念日となる本日2月21日よりのべ322曲に及ぶ楽曲をストリーミング解禁した。

今回配信が開始されたのは、のべ322曲の楽曲、52本のミュージックビデオ、6本のライブ映像となる。Dragon Ashは、1997年2月21日にミニアルバム『The Day dragged on』でメジャーデビューし、続く4月には2ndミニアルバム『Public Garden』をリリース、以来28枚のパッケージシングルと11枚のオリジナルフルアルバムをリリースしている。CDセールスはトータル1000万枚を越え、1997年から現在に至るまで世に放たれた楽曲は300曲を超える。なお、MVについては、バンド初のMV“天使ノロック”から最新MV“Ode to Joy”までの52本が解禁となっている。


さらに特設サイトもオープンしている。サイトでは、長年Dragon AshをインタビューしてきたMUSICA編集長・有泉智子氏の投稿文、独自の視点で選んだプレイリストの公開、加えて2枚のミニアルバム、11枚のフルアルバムそれぞれの解説を、数々の作品でオフィシャルインタビュアーを務めた早川加奈子氏が行っている。

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする