SUPER BEAVER、中条あやみ主演映画『水上のフライト』に主題歌“ひとりで生きていたならば”書き下ろし

SUPER BEAVER、中条あやみ主演映画『水上のフライト』に主題歌“ひとりで生きていたならば”書き下ろし - Ⓒ2020 映画「水上のフライト」製作委員会Ⓒ2020 映画「水上のフライト」製作委員会
SUPER BEAVERが、6月12日(金)公開の中条あやみ主演映画『水上のフライト』の主題歌に新曲“ひとりで生きていたならば”を書き下ろした。

同映画は、走り高跳びの有望選手であった中条あやみ演じる遥が、不慮の事故により下半身麻痺になってしまうが、パラカヌーと出会ったことにより自らの道を切り開いていく過程を描く、実話に着想を得たドラマになっているとのこと。脚本を手がけた土橋章宏が、パラカヌー日本代表選手でありリオパラリンピックにも出場した瀬立モニカとの交流を通じて作り上げたオリジナルストーリーとなっている。

なお、SUPER BEAVERが映画の主題歌を担当するのはこれが初めてとなる。

SUPER BEAVER、中条あやみ主演映画『水上のフライト』に主題歌“ひとりで生きていたならば”書き下ろし

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする