米津玄師、“感電”MV公開。直前には羊の絵文字の「モールス信号」で公開予告も

  • 米津玄師、“感電”MV公開。直前には羊の絵文字の「モールス信号」で公開予告も - “感電”MVより

    “感電”MVより

  • 米津玄師、“感電”MV公開。直前には羊の絵文字の「モールス信号」で公開予告も - 『STRAY SHEEP』8月5日発売(Illustration by 米津玄師)

    『STRAY SHEEP』8月5日発売(Illustration by 米津玄師)

  • 米津玄師、“感電”MV公開。直前には羊の絵文字の「モールス信号」で公開予告も
  • 米津玄師、“感電”MV公開。直前には羊の絵文字の「モールス信号」で公開予告も - “感電”MVより
  • 米津玄師、“感電”MV公開。直前には羊の絵文字の「モールス信号」で公開予告も - 『STRAY SHEEP』8月5日発売(Illustration by 米津玄師)
  • 米津玄師、“感電”MV公開。直前には羊の絵文字の「モールス信号」で公開予告も
米津玄師が、配信中の新曲“感電”のミュージックビデオを公開した。


同MVは、7月10日(金)17時に米津玄師オフィシャルYouTubeチャンネルの全ての動画サムネイルが「404 NOT FOUND」という画面に切り替わり、その後23時、主題歌を務めるTBS系金曜ドラマ『MIU404』が放送終了した後に公開された。事前に公開された4:04尺の映像では「404 NOT FOUND」の文字と共に2種類の羊の絵文字が流れ始めていた。羊の絵文字は実は「モールス信号」の法則にのっとり、「メールス信号」として「K-A-N-D-E-N-M-V-2-3-0-0」を表現しており、SNSではいち早く動画の意味に気がついたユーザーがつぶやいていた。

同MVの監督は、映像監督・写真家である奥山由之が務めた。作品は、車の運転席からみた景色で構築され、車の外で次々と巻き起こるめくるめく展開に運転手がとまどいながらも、音に合わせたリズミカルなテンポと、奥山監督ならではのユーモア溢れる発想と美しい映像美が印象的だという。なお、撮影場所は、ドラマ『MIU404』の機捜分駐所がある芝浦署と、今年8月31日におよそ1世紀の歴史に幕を閉じる「としまえん」にて実施された。


【奥山由之(映像監督・写真家)コメント】

こんなにもドキドキした創作はいつぶりだろう。
真っ白なキャンバスにみんなで画を描くような、夢みたいな夜でした。

何より、同い歳の”米津玄師”という人物に、このタイミングで出会えたことが、僕は嬉しくてなりません。
お互い20代最後、気合いの一発…!笑

「稲妻のように生きていたいだけ
お前はどうしたい? 返事はいらない」

このMVが、僕から米津さんへのお返事です。


“感電”は8月5日(水)に発売となるアルバム『STRAY SHEEP』収録曲の1曲。アルバム発売に先駆け7月6日から先行配信され、配信初日のリアルタイム・デイリーランキング1位獲得数は30冠、2020年のデイリーダウンロード数としては最多の数字となる5.6万ダウンロードを記録した。

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする