ビリー・アイリッシュ、新曲“my future”のリリースを諦めようとしていたことを明かす

ビリー・アイリッシュ、新曲“my future”のリリースを諦めようとしていたことを明かす

ビリー・アイリッシュがレコーディング中に葛藤を感じ、先日リリースした新曲“my future”のリリースを諦めるところだったと明かしている。

EXPRESS」によると、Apple MusicでZane Loweが司会を務める番組に出演したビリーが、“my future”の制作過程について語っていたとのこと。

ビリーはわずか2日間で新曲を書き上げたにもかかわらず、自分が気に入るボーカルを収録できるまでには時間がかかってしまったと告白。

“my future”をレコーディングするにあたって感じた当時の葛藤を振り返ったビリーが次のように語っている。

「私たちは、“ここで何やってるんだろう? この曲はどこへ向かってるの?”って感じだった。実際のところ――考えるとクレイジーだけど、私は(スタジオから)出て行こうとしてたんだ! きっと何も終わらせられないだろうって感じでさ。私たちは曲をレコーディングしたけど、それをどうしたらいいのかわかんなかったんだ」


その後別のことに取り組もうとしていたが、もう一度“my future”に挑戦しようと思い立ったというビリー。そして、その夜に曲を仕上げ、「これでなくちゃダメだ」と感じたと話した。

また、ビリーは“my future”について、“個人的な成長”を歌った曲だと説明した

「成長について。少なくとも自分にとってはね。私は、ずっと何年も誰かに頼って過ごしてきた。誰かがいなくなったら、すぐに他の誰かを見つけてたんだ。恋愛のことを言ってるんじゃなくて、すべてに関して。

私は独りになれなくて、長いこと自分一人で過ごすことができなかった。わかんないけど、そこから成長する必要があると感じたんだ。自分には時間が必要で、それを手に入れたよ」


ビリーの新曲“my future”は、各ストリーミングサービスで視聴できる。

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする