オアシス解散、ビーディ・アイの不完全燃焼、そして復活を期した崖っぷちの決断へ――リアム・ギャラガーが波瀾万丈な音楽人生を語り尽くす、2017年貴重インタビュー!

オアシス解散、ビーディ・アイの不完全燃焼、そして復活を期した崖っぷちの決断へ――リアム・ギャラガーが波瀾万丈な音楽人生を語り尽くす、2017年貴重インタビュー!

「ツイッターとかインタビューで言いたいことを言ってると、自分のキャリアを終わらせる危険に晒すようなもんだよな。みんな、ちょっとでいいから本音が欲しいんだ。建前ばっかの政治家とか誤魔化しだらけのロックンロール・スターにはうんざりだろ?」


リアム・ギャラガーのこのインタビューは2017年、彼のソロ・デビュー・アルバム『アズ・ユー・ワー』のリリース前に行なわれたものだ。去る9月にここ日本でもついに公開された『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』がまさに絶賛撮影中の時期だったわけだが、同作で挫折と復活を経験して少し成熟したリアムの姿を感慨深く見守った多くのファンにとっては、むしろ懐かしい「あの」リアムが全開になっていると感じるインタビューではないだろうか。

『アズ・ユー・ワー』の全英1位&大ヒット&高評価という輝かしい結果が出る直前の発言集だからこそ、リアムはまだちょっとソワソワしているし、「俺はいまだに不機嫌の種を抱えてる」と言うようにハングリーで尖っている。そしてもちろん、彼が驚くほどまめにツイートをしまくっている背景(その投稿の多くが大変理解しづらいリアム語で綴られているので、こういう解説はありがたい)や、家族や禅スピリット(?)について、そしてノエルに永遠にちょっかいを出し続ける理由についても饒舌に語り、リアムがその愛すべき破天荒ぶりを炸裂させた痛快語録でもあるのだ。(粉川しの)



リアム・ギャラガーの関連記事は現在発売中の『ロッキング・オン』11月号に掲載中です。ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。


オアシス解散、ビーディ・アイの不完全燃焼、そして復活を期した崖っぷちの決断へ――リアム・ギャラガーが波瀾万丈な音楽人生を語り尽くす、2017年貴重インタビュー!
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする