レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、曲の全カタログを約153億円で売却へ

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、曲の全カタログを約153億円で売却へ

レッド・ホット・チリ・ペッパーズが音楽知的財産管理会社Hipgnosis Songs Fundに、1億4000万ドル(約153億円)を超える額で曲の全カタログを売却する契約において合意に達したと報じられている。

Consequence of Sound」によると、両者の間で契約が確実に成立したのかどうかは不明だというが、成立した場合にはバンドの代表曲である“Under the Bridge”や“Can’t Stop”、“Scar Tissue”、 “Give It Away”のほか、バンドを象徴する大ヒット・アルバムのすべてが含まれるとのこと。

2019年には、元ギタリストのジョン・フルシアンテがレッド・ホット・チリ・ペッパーズに復帰し、次のアルバムは2006年にリリースされた『Stadium Arcadium』以来、ジョンが加わる最初のプロジェクトとなる。

Hipgnosis Songs Fundは、2018年にナイル・ロジャースによって共同設立され、これまでにニール・ヤングのカタログの半分と、フリートウッド・マックのスティーヴィー・ニックスとリンジー・バッキンガムの全音楽カタログの権利を買い取っている



ロッキング・オン最新号は、5/7発売です。購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、曲の全カタログを約153億円で売却へ - 『rockin'on』2021年6月号『rockin'on』2021年6月号
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする