2010年のイギリス年間トップ100に入ったロック・シングルはたったの3枚

2010年のイギリス年間トップ100に入ったロック・シングルはたったの3枚

イギリスのチャートにおけるロック・シングルの占めるシェアは過去50年で最も少なくなっているというデータが最近の調べで明らかになった。

2010年におけるイギリスのシングル・チャートのトップ100のなかでロックにジャンル分けされる作品は3曲しかなく、2009年度の13曲から大きく数を落としたとミュージック・ウィーク誌が伝えている。ヒップホップ/R&Bは47曲ものシングルを送り込み、ほかは40枚がポップ、そして10曲はダンス・ミュージックだった。

イギリスではここ数年のロックの落ち込みが激しく、2008年の時点ではトップ100のうちまだ27曲がロックだった。それが今年はたったの3曲で、しかも最も売れたのはジャーニーの“ドント・ストップ・ビリーヴィン”で、もともとは81年にリリースされた楽曲。しかも、最高位は25位にすぎなかった。

ただ、アルバム・チャートではロックも昨年度は比較的善戦していて、トップ100のうち27枚を送り込んでいる。しかし、トップ10に入ったのはマムフォード&サンズの『サイ・ノー・モア』だけだった。

また、ロックとはジャンル分けされていなかったフローレンス・アンド・ザ・マシーンの『ラングス』は8位につけていた。


(c) NME.COM / IPC Media 2011
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする