ジャック・ホワイトの新曲“Love Interruption”の謎の女性共演者が明らかに

ジャック・ホワイトの新曲“Love Interruption”の謎の女性共演者が明らかに

1月30日にニュー・シングル“Love Interruption”をネットで公開したジャック・ホワイトだが、この曲で共演している女性ヴォーカルはルービー・アマンフということが明らかになった。“Love Interruption”は2月7日に7インチ・シングルとしてリリースされ、ジャック初のソロ・アルバムとなる『Blunderbuss』は4月23日にリリースされる。

もともとこの“Love Interruption”の女性ヴォーカリストの素性は明らかにされていなかったが、ここにきてルービーは自身のツイッターで自分であったことを明らかにしている。自身のフォロワーにジャック・ホワイトと共演しているのは実はルービーなのではないかと問われ、ルービーはこうツイートした。

「その通り。その幸運な人はわたしなの」

その後、自身のフェイスブックでもジャックとの共演を明らかにしたルービーはこれまで1998年の『So Now The Whole World Knows』と03年の『Smoke & Honey』と2枚のアルバムを発表してきている。また、ルービーは2008年にサム・ブルッカーとデュオ・ユニット、サム・アンド・ルービーを結成し、EP『Sam and Ruby』と翌年にはアルバム『The Here And The Now』をリリースしている。

“Love Interruption”を聴くにはこちらから→
http://www.jackwhiteiii.com/

ルービーの“Sugah”を聴くにはこちらから→
http://www.youtube.com/watch?v=GJ1FRRevJwE&feature=player_embedded

サム・アンド・ルービーの“The Here and the Now”を聴くにはこちらから→
http://www.youtube.com/watch?v=gNr-Im9rpEE&feature=player_embedded



(c) NME.COM / IPC Media 2012

最新ブログ

フォローする