シガー・ロス、キャータンの脱退は「覚悟していた」と語る

  • シガー・ロス、キャータンの脱退は「覚悟していた」と語る
  • シガー・ロス、キャータンの脱退は「覚悟していた」と語る - シガー・ロス『クウェイカー』6月12日発売

    シガー・ロス『クウェイカー』6月12日発売

  • シガー・ロス、キャータンの脱退は「覚悟していた」と語る
  • シガー・ロス、キャータンの脱退は「覚悟していた」と語る - シガー・ロス『クウェイカー』6月12日発売

先月、キャリア初となる武道館公演を大成功させたシガー・ロス。6月1日に発売された『ロッキング・オン』7月号には、彼らの最新アルバム『クウェイカー』についてのインタヴューを掲載されている。

『クウェイカー』は、キーボーディストのキャータンがバンドから脱退し、ヨンシー、ゲオルグ、オッリの3人となってから初めて発表する、転機作とも呼べるアルバムとなっている。長い間バンドに在籍していたキャータンの脱退が、バンドのケミストリーに与えた影響について、メンバーは次のように話している。

ヨンシーはキャータンの脱退と3人で作品に取り組んだ心境について「キャータンはバンドを辞めた今でも友達だしね。だから問題はないんだ。キャータンからバンドを辞めることもだいぶ前から覚悟はしていたし。だけど、それまでずっと4人でやってきたわけだから、僕らはやっぱり1人抜けちゃった穴を埋めようとしてた。でも、だからこそ今回は、ちょっとワクワクしながらいろいろ試してみようってなったんだ。それで今回はちょっと実験的な要素が強いのかもね。人員も新しくなったから、今のこの3人なりのやり方を模索していたというか」と話している。

また、ゲオルグは、「バンドの力学というか、エネルギーの動きが明らかに変化したよね。最初3人で音を出したり、曲を作り始めたときはお互い探り探りだったんだけど、それもすぐに慣れて、この3人だからこそのエネルギーが一気に爆発したというか。だから、それほど苦労もしなかったよ」と変化について語っている。

シガー・ロスの最新アルバム『クウェイカー』は6月12日(水)に発売される。

『ロッキング・オン』7月号の詳細はこちらから。
http://ro69.jp/product/magazine/detail/82868
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする