川村壱馬がCUT11月号に登場!アイデンティティを脱ぎ捨てて切り拓く、その表現の境地に迫りました

川村壱馬がCUT11月号に登場!アイデンティティを脱ぎ捨てて切り拓く、その表現の境地に迫りました

発売中のCUT11月号に、川村壱馬さんのインタビューを掲載しています!
アーティストとして、俳優として、多面的な活動を広げている川村さん。10月28日公開の映画『貞子DX』への出演に際して、たっぷりお話を伺いました。以下、インタビュー内容を少しだけお見せします。

僕はどんな役をするにしても――と言っても『貞子DX』以前には2役しかやっていませんが、役をやるに当たって、自分の中に大前提があって。自分という要素を消す、自意識をなくすということです。「俺だったらこうしないんだけどなあ」みたいな感じとか恥ずかしさが残っていると、それが表情に出ちゃいますよね。川村壱馬を感じさせないために、川村壱馬という人物のアイデンティティを脱ぐ。完全な別人として表現するためには、そうする必要があると思っています

(アーティスト活動と俳優の活動は)地続きですね。自分の生き方自体が、芝居にも共通して生かせるものではあるのかなと。(中略)短所を完全にゼロにすることはできないかもしれないですが、短所との付き合い方を考えて、自分がなりたいものになるためにずっと突き進んで生きているので。アーティストとしての活動も、俳優としての活動も同じように向き合うことができているというか……説明するのが難しいんですが


THE RAMPAGE from EXILE TRIBEとして活躍すること、それに並行する役者業、これから挑戦してみたいことなど、充実したインタビューになったと思います。川村さんの、強く柔軟な意志が伝わるテキスト全文は、ぜひ誌面をチェックしてみてください。そんなインタビューはもちろん、吸い込まれそうな瞳が印象的な撮り下ろしポートレートも必見です。お見逃しなく!(山下茜)

CUT11月号は現在以下にて購入可能です。

川村壱馬がCUT11月号に登場!アイデンティティを脱ぎ捨てて切り拓く、その表現の境地に迫りました
CUT 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする