「音楽寅さん」イベント続き

「音楽寅さん」イベント続き

前回の続き。
昨夜の「桑田佳祐の音楽寅さん DVD発売記念!
〜DVD未収録映像炎上! これぞ蔵出し “巨大上映会”
@ 武道館〜」の話です。

この招待制イベント、前半はDVD上映会、後半は桑田のライブでした。
そもそもこの「音楽寅さん」という番組は、この番組のためだけに
桑田とそのバンドがいろんな曲をカヴァーしたり、
ただカヴァーするだけじゃなくてそこに色々創意工夫を加えたり
(どういう創意工夫かは後述します)、というのが
売りだったわけですが、そのカヴァー映像のうち、
オンエアはしたものの、諸事情により、というか著作権とか
権利関係とか「単に下品すぎるので自粛」とかそういう理由で
DVDに収録できなかったものを、今日ここで
「最後の上映」することによって、成仏させよう。
というのが、前半の企画。

この番組で桑田と共にメインを務めたユースケ・サンタマリアと
フジテレビアナウンサー平井理央のMCで、
アワード形式でいろんな映像を紹介する、という進め方でした。

で、後半は、桑田のライブ!
期待はしていたものの、こういうイベントなので、
まあ5,6曲さくっとやって終わるんだろうな、と思ったら、
なんと1時間以上みっちりやってくれた。
ほとんどワンマン。って、桑田さんの本来のワンマンは
この倍以上やりますが、新人バンドとかだったら充分
ワンマンのボリュームです。

“君にサヨナラを”や“東京”や“ROCK AND ROLL
HERO”などなど、全12曲半。
「半」というのは、「昔、付き合ってた人の曲です」と
大嘘ぶっこいて、突然弾き語りで“木綿のハンカチーフ”
(太田裕美)を1コーラス歌ったので、
それを「半」とカウントしました。

で、昨日も書いたが、10月20日に8年ぶりの
ソロ・アルバムをリリースすること、現在のその制作中で
あること、そしてリリース後に全10箇所19公演の
全国アリーナ&ドームツアーを行うことも発表。
詳しくはこちら。 → http://www.sas-fan.net/kuwata2010/maininfo.html

なお、ソロのバンドが、これまでよりちょっとコンパクトに
なっていた。ギター、ベース、ドラム、鍵盤×2、ホーン×2、
コーラス×2の9人編成。パーカッションがいないのとか、
ギターが斉藤誠の1本のみであるところなどが、
コンパクトになったポイントです。ツアーもこの編成で回るのかな。

あと、その斉藤誠をはじめ、基本的におなじみのメンバーで
構成されていたけど、ベースは違った。
井上富雄だった!
ルースターズのオリジナル・メンバーで、そのあと
ブルートニックで、その後ずっとセッション・ベーシストや
プロデューサーとしてひっぱりだこの、あの人です。
桑田関係の仕事、初めてじゃなかったっけ。びっくり。


ちょっと書くつもりが、こんなに長くなってしまった。
前半の上映会に関しても、書きたいことがあるので、次回に続く。



写真は、8年前のソロ・アルバム。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする