本誌初登場! bachoの北畑欽也に取材してきました!

本誌初登場! bachoの北畑欽也に取材してきました!
結成15周年を記念して、現在廃盤となっているデモ音源や過去にリリースしたミニ・アルバム収録曲を中心に再録編集した「15周年再録編集盤『海底』」を5月9日にリリースする、姫路出身の4ピースロックバンド・bachoの北畑欽也(Vo・G)にインタビューしてきました!

2年ほど前に初めてbachoのライブを観た時に、歌い始めから締めの一言まで「ひとりの人間の思考」が超絶色濃く詰め込まれた歌詞の説得力と、バンドと観客両者の汗と感情が爆発的に交錯する熱気溢れるアクトに完全に圧倒され、身動きが取れずにただひたすら泣くという経験をしたのですが、その頃から「全曲に漏れなく込められたあのバイタリティーは一体何なんだ!?」とずっと思っていました。

その軸をぶらさずテンションも維持しながら15年間もバンドを続けていくって並大抵の想いじゃできないはずですし、そこにはどんな理由が?
……というところも踏まえて、作品の話や「bacho」が生きていく上で絶対的活力にしているエネルギーの根幹について訊くことができました!
私の前のめり気味な質問にも、ひとつひとつ誠意を込めて丁寧に答えてくれた北畑さんに感謝です。

今月4月28日発売の「ROCKIN’ON JAPAN」6月号掲載しますので、お楽しみに!(峯岸利恵)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする