Aqua Timez、ラストアルバム『二重螺旋のまさゆめ』を語る

Aqua Timez、ラストアルバム『二重螺旋のまさゆめ』を語る
みなさんも既にご存知の通り、Aqua Timezが解散を発表しました。
多くの人が心の奥底に抱えているはずの感情を鮮やかに、そしてとても素直に表現する彼らの音楽は、本当にかけがえのないものです。
口ずさんだ日々が、大切な思い出になっている人が、たくさんいるのではないでしょうか。

最後のアルバムとなった『二重螺旋のまさゆめ』についてのインタビューは、ロッキング・オン・ジャパン6月号に掲載しています。
意表を突くエッセンスを添加した斬新なサウンド、アグレッシブなアプローチ、「これ、ほんとにAqua Timezなの!?」という遊び心も活き活きと発揮されているこの作品。
たくさんの人に聴いてほしいです。

取材をした時点で解散することは全く知りませんでした。
ほんわかした雰囲気を漂わせながら取材現場に現れて、和気あいあいと語り合っていたメンバーたちの姿が思い出されます。
このバンドの本質をお料理に喩えて表現してくれた太志(Vo)の言葉は、ウィットに富んでいて、実に彼らしかったです。

Aqua Timezは、最新作『二重螺旋のまさゆめ』を引っ提げて、全国ツアーを回ります。解散することをお客さんに知ってもらった上でツアーをスタートさせたかったので、このタイミングでの発表になったそうです。
そんなところにも、このバンドらしさを感じます。
彼らの音楽が大好きな人は、ぜひライブ会場に足を運んでください。
「素敵なバンドだなあ」ということを改めて強く感じるはずです。
そして、これからもAqua Timezの曲を大切にしていってください。(田中大)
ROCKIN'ON JAPAN 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする