「a flood of circleの3日間の悪夢」を渋谷CLUB QUATTROで観た

「a flood of circleの3日間の悪夢」を渋谷CLUB QUATTROで観た
最新シングル『13分間の悪夢』のリリースツアー「a flood of circleの3日間の悪夢」を渋谷CLUB QUATTROで観てきた。

序盤から骨太なロックンロールを轟かせながら、佐々木亮介(Vo・G)の「かかってこいやー!」の一声で会場のボルテージは加速。
フロアはオーディエンスの熱狂で溢れかえった。
この暴発寸前の空気を開放感あふれる新曲“夏の砂漠”によって、一気に解き放ったかと思いきや、ミドルナンバーでグッと観客を自分たちのサウンドに引き寄せてくる。
しかし、そこからは再びギアをトップに入れ直し、フロアの盛り上がりも再燃――ラストの“美しい悪夢”まで全速力で駆け抜けた。
自分たちが信じるロックンロールのかっこよさを見せつけ、その正しさを証明するかのごとくオーディエンスが熱狂で応えた、そんなライブだった。

アンコールでは、佐々木から来年3月にニューアルバムがリリースされることも発表された。
ロックンロールを追求し続けているフラッドが次に見せるものは何なのか。新しいアルバムも楽しみだ。(金光)

>
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする