People In The Box

People In The Box

古河が既にあげていますが、昨夜はPeople In The Boxのライヴ@SHIBUYA-AX。
シングル『Sky Mouth』とミニアルバム『Ghost Apple』での挑戦と実験とイマジネーションの具現化が、見事に結実した素晴らしいライヴだった。

しかし本当に恐ろしい程の快楽性を持ったバンドだとつくづく思った。
心の奥のほうにある、普段気づかなかったり気づかない振りをしている名もない感情が、ピープルの音楽によって次々と暴き立てられていく。その時に全身を駆け巡るカタルシスと切実さと快楽は、ちょっと他で味わえるものではない。
彼らの音楽は初めて対面する瞬間はすごく異物な感じがするのに、いつのまにか自分の血液の一部のように自然なものになっていく。
だからピープルの音楽性からすると一見異物以外の何ものでもない山口(Dr)のぶっ飛んだMCも、実はすごく自然なものなのだ。たぶん(笑)。

カウントダウンジャパンのラストでもやっていたけど、昨夜のラスト“ヨーロッパ”の、世界の崩壊と創造がいっぺんに勃発したかのような爆発力は、やっぱり凄かった。(福島)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする