小南泰葉にインタヴュー!

小南泰葉にインタヴュー!

メジャーデビューミニアルバム『嘘憑キズム』が絶賛発売中、今ジワジワと注目を集めている過激なポップアーティスト・小南泰葉。

現在発売中の『JAPAN』7月号にインタヴューを掲載しています!

生きるとは、死ぬとは、という命題と常に向き合ってきた小南。だからこそ、彼女自身のトラウマも、その先に見出だす一筋の希望も生々しく鳴り響いている。
受け取り方次第で、猛毒にも救済にも成りうる。それが彼女の音楽だと思う。

でもどんなにヘヴィな内容でも、歌とメロディがとびきりポップなのが凄い。

インタヴューで小南は、
この『嘘憑キズム』は、メジャーデビュー作なので、曲で正直に自己紹介したかったと言っていたが、その内容が「はじめまして。小南泰葉です。私は嘘つき主義者です」というもの。
正直と嘘、善と悪など、あらゆる対極のものがねじれて一体になるこのパラドックス感もすごく彼女らしい。

これからも中毒者続出の予感。まだ触れたことのない人はぜひ聴いてみてほしい。(福島)
公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする