ロバート・プラントがコメディ映画にカメオ出演(笑)

ロバート・プラントがコメディ映画にカメオ出演(笑)

★ブラック・カントリー(中部イングランド)に住む女性=Doreenを主人公にしたコメディ映画『Doreen The Movie』に、

ロバート・プラント御大がなんと「道路/ドライヴ・ウェイの塗装業者」役でカメオ出演!!!!!!!!

☆トレーラー映像はこちらから見れます。


☆英国特有のユーモア(特にブラック・カントリー地方独特のねた)が続出するため、
日本人にはやや分かりにくいかも、、、なので、トレーラー映像の流れをかいつまんで訳すと、

(1)ある日ドーリーン宅のドアをノックし「お宅の玄関前のドライヴ・ウェイを手直しするのにぴったりのターマックがあるのですが、いかがでしょう?」と売り込むプラント御大。


(2)「カウンシル(地区議会)からきた無料仕事なの?それとも有料なの?」と玄関に立つ同居人を通して訊くドーリーン。


(3)「それほど金には困っていないのですが、、、でも少しだけでも手数料をもらえると嬉しいのですが、、、」とめちゃくちゃ回りくどい言い方で応えるプラント御大。


(4)それを聞いた同居人「間違いなく有料よ!」と居間のドーリーンに。


(5)その言葉を聞き「失せろ!と言ってやって」と応えるドーリーンの声とともにバタン!と眼前でドアを締められるプラント御大、、、。


(6)だがしかし、
それにめげず「もし気が変わったらぜひ電話してください」とドーリーンのドアの郵便受け入れ口から差し込まれたプラント御大の名刺には、

なあ~~~んと、【Plant Hire: Your Driveway To Heaven】と書かれていた(爆)。

というオチ。

★この映画は、ブラック・カントリーに住む実在の女性記者(バーミンガム・メイル紙)ドーリーンの半生をテーマにしたインディ・コメディ作品で、
数年前Youtubeで初めて第1エピソードが公開された時は、1日で125万回以上(!)ものヒット数を記録。

以後も舞台ドラマ化されたり、とカルト的なステイタスを築いていたが、

今回ついにフル映画化されることに。
英国内では10月17日から劇場公開される。

プラント御大がこの作品にこんな役で出演する気になったのは、たぶん御大自身もブラック・カントリー(バーミンガム周辺の英ミッド・ランド地方)出身だからだと思われる。
児島由紀子の「ロンドン通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする