セックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズ(ギター)+グレン・マトロック(ベース)が自身に影響を与えたアルバムを紹介(視聴動画つき♪)

セックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズ(ギター)+グレン・マトロック(ベース)が自身に影響を与えたアルバムを紹介(視聴動画つき♪)

70年代後期、
ロンドンの不良少年たちが作った1枚のアルバム『Never Mind the Bollocks~』で、
今も世界中のバンドやバンド少年達に影響を与えている「パンク・サウンド」を確立したセックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズとグレン・マトロック。

★そんなスティーヴ・ジョーンズ(ギター)+グレン・マトロック(ベース)が、
「自身の演奏に影響を与えたアルバムを選び、動画つきで紹介している」企画記事を英Classic Rock / Team Rockが公開しています。

(1)まずはスティーヴ・ジョーンズが選んだ「必聴のギター・アルバム×5枚」から。

1, Roxy Music - Roxy Music (1972)
2, The Faces - A Nod Is as Good as a Wink...to a Blind Horse (1971)
3, Iggy & the Stooges - Raw Power (1973)
4, New York Dolls - New York Dolls (1973)
5, Queen - Queen (1973)

☆上記「アルバム5枚の代表曲の動画+スティーヴ・ジョーンズの作品紹介コメント」はこちらのリンクから。

http://teamrock.com/feature/2017-03-08/the-sex-pistols-steve-jones-5-essential-guitar-albums


(2)グレン・マトロックが選んだ「僕がベースを弾きたくなるきっかけを作ってくれたアルバム×10枚」。

1, Various Artists - Stars Of The Apollo
2, Various Artists - The Story of the Blues
3, The Beatles - Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
4, David Bowie - The Rise and Fall of Ziggy Stardust and The Spiders from Mars
5, The Faces - Long Player
6, The Faces - A Nod is as Good as a Wink... to a Blind Horse
7, John Lennon - John Lennon / Plastic Ono Band
8, Can - Soon Over Babaluma
9, Various Artists - Tamla Motown Chartbusters vol.5
10, Miles Davis - Kind of Blue

☆上記「アルバム10枚の代表曲の動画+グレン・マトロックの作品紹介コメント」はこちらのリンクから。

http://teamrock.com/feature/2017-02-22/the-sex-pistols-glen-matlock-the-10-records-that-made-me-play-bass
児島由紀子の「ロンドン通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする