ノエル・ギャラガー最新ライヴ@ロンドン・ハマースミス・アポロ

  • ノエル・ギャラガー最新ライヴ@ロンドン・ハマースミス・アポロ
  • ノエル・ギャラガー最新ライヴ@ロンドン・ハマースミス・アポロ
  • ノエル・ギャラガー最新ライヴ@ロンドン・ハマースミス・アポロ
  • ノエル・ギャラガー最新ライヴ@ロンドン・ハマースミス・アポロ
  • ノエル・ギャラガー最新ライヴ@ロンドン・ハマースミス・アポロ
  • ノエル・ギャラガー最新ライヴ@ロンドン・ハマースミス・アポロ

★今週末の10月29日(土)は、ノエル・ギャラガー兄貴の初ソロ・ライヴinロンドン(初日)を観てきました。

①ほぼ定刻きっかりの午後9:01PM(珍しく1分遅れた!)に登場したノエル兄貴&新バンド(5ピース編成)。

②それを迎える「ノ~~~エル!ノ~~~エル!ウォッ!ウォッ!ウォッ!」という場内全体の大コール(笑)。

③一瞬あれ?今日はサッカーの試合を観に来たんだっけ?と錯覚を起こすほど激熱い客のノリ(ほぼ90%が♂)。

④アルバム『Noel Gallagher's High Flying Birds』が英リリースされてからまだ一週間しか経ってないのに、
新曲の歌詞のほとんどを覚えていて大合唱する野郎ども(買ってから毎日毎晩聴きまくって覚えたんだろうな、笑)。

⑤"Mucky Fingers""Wonderwall" " Supersonic" "Talk Tonight" " Half The World Away " などのオアシス曲では、
当然のようにほぼ全ヴォーカル・パートを客側がリード。

⑥んでもって、アンコールの締めは"Don't Look Back In Anger""The Importance of Being Idle""Little By Little"の必殺オアシス・アンセム3連発。
とにかく最初から最後まで場内のボルテージがMAXの目盛りを突き破りっぱなし!!!!!!!!!!!

やっぱり兄貴は英国男に誰よりも愛されている♪♪♪
改めて感動しっぱなしの約一時間半だった。

他にもクライマックス場はいろいろあったのですが、詳細レポは12月1日発売のRockin/onで~。


★当日のセット・リストはこんな感じでした。

Noel Gallagher's High Flying Birds@London Hammersmith Apollo, 29th Oct. 2011

1, ( It's Good )To Be Free(オアシス曲)
2, Mucky Fingers(オアシス曲)
3, Everybody's On The Run
4, Dream On
5, If I Had A Gun
6,The Good Rebel
7, The Death Of You And Me
8, Freaky Teeth(新曲)
9, Wonderwall(オアシス曲/アコースティック)
10, Supersonic(オアシス曲/アコースティック)
11, (I Wanna Live In A Dream In My) Record Machine
12, AKA...What A Life
13, Talk Tonight(オアシス曲)
14, Soidier Boys and Jesus Freaks
15, AKA...Broken Arrow
16, Half The World Away(オアシス曲)
17,(Stranded On) The Wrong Beach

Encore
18, Don't Look Back In Anger(オアシス曲/この日初めて新バンド・ヴァージョンで演奏)
19, The Importance Of Being Idle(オアシス曲)
20, Littele By Little(オアシス曲)


この後ノエル兄貴&バンドは英国時間本日10月31日@ロンドン・ラウンドハウスのライヴを終えた後、
11月7日~11月下旬まで北米&カナダ・ツアーへ。

★そして2012年明けの1月16日&17日には、いよいよ新バンドを率いて初の日本上陸!!!
それまでには日本の皆さんもアルバム曲の歌詞を覚えておきましょう。
児島由紀子の「ロンドン通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする