ジュリアン・カサブランカス、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの”Run Run Run”カバー音源発表

ジュリアン・カサブランカス、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの”Run Run Run”カバー音源発表
ジュリアン・カサブランカスがヴェルヴェット・アンダーグラウンドの”Run Run Run”カバー音源を発表した。
https://www.youtube.com/watch?v=5sSTjD2sgJg

これは、HBOで開始した『Vinyl』というミック・ジャガーとマーチン・スコセッシが制作したTV番組のサントラの1曲として作られたものだ。

番組は先週の日曜日から開始し、1回目はスコセッシ自らが監督。主役のひとりバンドのボーカルは、ミックの息子さんであるジェームス・ジャガーが演じている。1970年代のNY音楽シーンを舞台としていて、ミック・ジャガーは、物語のクリエーターとして名前を連ねている。バンドがいかにレーベルに上手く搾取されていたのかも語りたいともミックが言っていたが。2時間もあった1回目は、とりあえず、大量のドラッグと、ロックンロールと、レッド・ツェッペリンの契約をいかにして獲るかなど、ドタバタ劇の始まりががっつりと描かれていた。今後の展開も楽しみだ。1回目の放送後に、第2シーズンも制作することがすでに発表された。レビューも好評。

予告編こちら。
https://www.youtube.com/watch?v=1iphllcTYOs
中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事

最新ブログ

フォローする