ジャスティン・ビーバーが若くして大成功した後の苦悩を正直に綴った長文をポスト。その内容が感動的。

ジャスティン・ビーバーが若くして大成功した後の苦悩を正直に綴った長文をポスト。その内容が感動的。

ジャスティン・ビーバーが突然インスタに長文を掲載した。


内容は若くして成功した彼が、その後直面した苦悩や失敗などを告白したもの。彼にしか分からない体験ではあるが、あまりにも正直に綴られた、彼の苦悩が伝わってくる文章で同情せずにはいらないものになっている。

以下要約。

自分が人生や、自分の過去、仕事、責任、感情、家族、お金、そして責任でいっぱいいっぱいになっている時に、全うな態度で朝起きるのはかなり難しい

(中略)

場合によっては、このまま何もかも永遠に変わらないんだ、と感じて、もう生きていたくないとすら思うところまでいくこともある。僕にもその気持ちがわかるよ。僕もそんな気持ちを変えられなかったから。ただ、幸い僕には進み続けるよう励ましてくれた人が周りにいた。

僕はお金もたくさんあるし、服も、車も、アクセサリーも、実績も、賞もたくさんある。だけど、それでも満たされないものがあったんだ。

子供でスターになった人達が大人になってどうなるか気にかけたことがある? 子どもたちは決断を下すのに使う前頭葉も十分に発達していないのにも関わらず、脳や心に狂ったようなプレッシャーと責任をかけられるんだ。

(中略)

そのうえ、スターとしてのプレッシャーが加えられると、上手く説明できないような何かが起きる。しかも僕は安定した家庭で育ったわけでもなかった。両親は18歳で離婚してお金もなかったし、若くて反抗的だった。

僕の才能が開花してから、大成功するまでの期間はわずか2年くらいだった。僕の世界が完璧にひっくり返ってしまったんだ。小さな町に住む13歳の男の子だったのに、世界中どこに行っても何百万人の人達から、大好きだと言われ、素晴らしいと言われるようになった。謙虚さというのは年を経て学ぶものだと思うんだけど、僕の場合は、そういうことを子供の頃に言われてきたものだから、自分は本当にそうなんだと信じるようになってしまった。

また、道理をわきまえることや判断力も、年を重ねながら覚えるものだと思う(だから21歳まで飲酒は禁止されていると思うんだ)。でも僕の場合は、何もかもみんながやってくれたから、基本的な責任というものを学ぶ機会すらなかったんだ。

だから18歳になった頃には、現実世界で生きる能力はまるでないのに、何百万ドルというお金は持っていて、欲しいものは何でも手に入れることができた。それって誰にとってもすごく恐ろしいことだと思う。そして、20歳になった時は、考えうる限りすべての悪い判断をした。

(中略)

ある研究によると、舞台に立つことが他のどんなことよりも莫大な量のドーパミンを流出するらしい。だから、ステージに上がっている時の超ハイな状態と、そうじゃない時の超ロウな状態の浮き沈みを体験する。それを管理するのはすごく難しい。ツアーをしている人達がよくドラッグ問題を抱えるのを見ると思うけど、それは、エンターテイナーであることでの大きなアップダウンを上手く管理できないからだと思う。

僕は19歳の時にかなりヘビーなドラッグを始め、すべての人間関係を台無しにしてしまった。よく怒るようになったし、女性を軽視しするようになってしまっていた。自分を愛してくれる人達から距離をおいて、1人で殻にこもってしまった。そこからもう二度と抜け出せないと思った。そこから立ち直り、すべての最悪の判断から抜け出して、人間関係を修復し、人との接し方を変えるまでに何年もかかった。

だけど幸運なことに、神のおかげで僕を僕のままで愛してくれる素晴らしい人達に恵まれた。だから僕は今、人生で最高の季節、“結婚”の舵取りをしている!! それは最高にクレイジーな新たな責任だ。結婚を通して忍耐や信頼、約束、優しさ、謙虚さ、そして良い男になるためのすべてを学ぶためのね。

つまり何が言いたいのかと言うと、絶対に無理だと思えても闘い続けなくちゃいけないということ。神が愛してくれているから。



ジャスティンは最近、彼が通う教会で歌った映像もインスタにポストしていた。


また、近々すでに結婚しているヘイリー・ボールドウィンと盛大な結婚パーティをするとも言われている。

これは7月の終わりに日本に来た時の写真。


そう言えば、その時カニエ・ウェストも日本にいて一緒にチームラボで撮影をしていた。どういうことだったんだろう??


ビリー・アイリッシュとコラボした”bad guy"はこちら。有名アーティストとのコラボというだけで価値あり、というような内容もよくあるが、このコラボはジャスティンが歌詞もメロディも変えていて素晴らしい内容だと思う。彼のビリーへの敬意が感じられるし、ジャスティンの才能も改めて実感できる。

中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする