スペイン政府がバルセロナでの5000人ライブで実験。「ライブ中のコロナ感染拡大はなかった」と科学者が結論。イギリス政府はリバプールでファットボーイ・スリム、ブロッサムズなど出演5000人×2日間の実験フェス決行

スペイン政府がバルセロナでの5000人ライブで実験。「ライブ中のコロナ感染拡大はなかった」と科学者が結論。イギリス政府はリバプールでファットボーイ・スリム、ブロッサムズなど出演5000人×2日間の実験フェス決行 - pic by GovBall 2018pic by GovBall 2018

世界各国の政府や科学者が、安全にライブを再開するための実験を行っている。

真っ先に行ったのはドイツで、去年の8月屋内に1400人を集め、10時間のライブを行った。その結果は、屋内ライブでコロナ感染拡大の可能性は「低い~すごく低い」だった。

ライブ会場の基本的なガイドラインに従い、空気換気のシステムを導入し、キャパを制限すれば、ライブ再開は可能という結論。

https://www.nytimes.com/2020/11/03/world/europe/coronavirus-concert-study-germany.html

各国それ以来実験を重ねているが、現時点で私の知る限り、悪い調査結果は出ていない。以下ライブ実験最新情報。

1)バルセロナ屋内5000人ライブ。「ライブ中コロナ感染拡大なし」

最近3月末にバルセロナでスペイン政府が行った5000人の屋内ライブ実験の結果が出て話題となっている。


入場前に検査をし、陰性だった5000人が、マスクあり、ソーシャルディスタンスはなしのパンパンに詰まった屋内でライブを決行。ライブ会場でコロナ感染拡大があるかを実験した。コロナ禍で5000人が集まった商業的なライブは、これがヨーロッパでは初だった。

https://twitter.com/Catinformacio/status/1375908723810504712

このライブに参加した観客はライブ当日に検査を受け、陰性だった場合はコードを携帯電話に入れて、チケットが買えた。チケットの値段は約3000円。実験とはいえ有料ライブだった。このチケットの値段には、検査代とマスク代が込み。会場では、指定された場所で飲食もできた。

このライブの前の12月には、500人キャパで同じ団体が実験をしていた。それが成功したため、今回はその10倍に増やして行われた。

ライブに参加した5000人全員が2週間後に検査を受けたが、その結果陽性だった人は6人だった。

うち4人は、このコンサートとは違う機会に感染したことが判明。つまり、2人がこのコンサートで陽性となった。しかし、この割合は、一般集団のコロナ感染率より低いため、科学者は、事前検査をし、マスクをしていれば、「ソーシャルディスタンスをしなくても、コンサート会場でのコロナ感染拡大はない」と結論付けた。

スペインで4月30日、コロナ陽性反応だった人は、4889人。

2)リバプールでは、ファットボーイ・スリムに、ブロッサムズなどが出演。マスクなし、ソーシャルディスタンスなし、ワクチン接種必要なし。5000人×2日間、コロナ感染拡大後初の、UKで「通常の」屋外フェス実験決行。

https://twitter.com/FatboySlim/status/1389197363982524422?s=20

https://twitter.com/RadioX/status/1389191091761582080?s=20

イギリス政府は、ライブのみならず、映画館、劇場、スポーツ・スタジアム、また企業の大規模なミーティングなどにおける国民への安全ガイドラインを作るために4月から5月にかけて実験を重ねている。巨大イベントで、コロナ感染拡大があるか知るためだ。

https://twitter.com/nowthisnews/status/1389596427572023297?s=20

今回5000人を集め、リバプールで2日間のフェスを開催し、実験が行われた。ファットボーイ・スリムが出演しており、ヘッドライナーはブロッサムズが務めた。

https://twitter.com/RadioX/status/1388963403708895234?s=20

このフェスが上のバルセロナの実験より前進したところは、コロナ以前のフェスの形に限りなく近いことだ。会場入り口で検査を受け、陰性であった人のみが入れた。が、マスクも必要なし、ソーシャルディスタンスもなしでキツキツ。またワクチン接種の証明も必要なかった。このコンサートの5日後に全員の検査が行われる予定。その結果はまだ発表されていない。

リバプール市の関係者は、「これは市民の安全と経済を守るための前向きな一歩だ」とコメントしている。

中にはこの実験を批判する科学者もいたそうだが、リバプール大学の科学者は、イベントの1週間前の最新研究結果を元にすると、「コロナ感染者に出会う確率は5000人に1人」だと反論しているそう。1)のバルセロナでの実験で5000人中2人が陽性だったという結果とも似ている。

さらにイギリスは、国が劇場、ライブハウス、美術館など、「すでに文化施設2000団体に対して、2億5000万ポンドの援助金を支給することを決定している。今回のイベントの結果は、実際に観客がライブ会場に戻っていくための大きな足がかりとなるだろう」と政府のデジタル・文化省大臣がコメントしている。

去年行われたドイツでの実験の結果が発表された後の今年の1月、アメリカ政府で新型コロナウイルスの対策に関わるファウチ博士もエンタメ業界の人たちと話し合いを行い、ライブ会場に空気換気のシステムさえ整っていれば、新たな工事などをしなくてもライブが再開できると前向きなコメントを発表していた。

https://variety.com/2021/music/news/fauci-concert-venues-theaters-could-reopen-pandemic-1234882673/

イギリスで5月4日、コロナ陽性だった人は、1946人。

3)NYでは9月からエンタメ再開。

NY市は、9月14日からブロードウェイをキャパ100%でオープンすると発表。


また、NYで毎年行われていたフェス、ガバナーズ・ボールも今年は9月24~26日に開催と発表された。


しかも、メンツが、ビリー・アイリッシュに、エイサップ・ロッキー、J.バルヴィン、ミーガン・ジー・スタリオン、ポスト・マローンと超最強だ。

アメリカではエンタメ産業が9月に戻ってくるのは現時点では確実だと思う。

アメリカで、5月5日、コロナ陽性だった人は、4万5085人。

4)ニュージーランドでは5万人ロック・コンサート。
もちろん世界最先端はニュージーランドで、コロナ感染拡大以降最大規模。なんと5万人のキャパで、実験ではない普通のロックコンサートが4月24日に開催されている。
https://www.nytimes.com/2021/04/24/world/new-zealand-concert-covid.html?smid=tw-share

ニュージーランドで5月4日、コロナ陽性だった人は6人。

世界が一丸となってコロナ以前と同様のライブ、エンタメを再開するには、何をすれば良いのかを考え、前進している。無意味なコメントや批判に時間を費やすよりも、そのほうが建設的だ。



ロッキング・オン最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


スペイン政府がバルセロナでの5000人ライブで実験。「ライブ中のコロナ感染拡大はなかった」と科学者が結論。イギリス政府はリバプールでファットボーイ・スリム、ブロッサムズなど出演5000人×2日間の実験フェス決行 - 『rockin'on』2021年6月号『rockin'on』2021年6月号
中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする