ジョン・ライドンが半生を語りおろした超・決定版インタヴュー、ロッキング・オン最新号が今日発売された!

ジョン・ライドンが半生を語りおろした超・決定版インタヴュー、ロッキング・オン最新号が今日発売された!
ジョン・ライドンが半生を語りおろした超・決定版インタヴュー、ロッキング・オン最新号が今日発売された!
「ピストルズの歌詞を今読み返してみると確かに……当時の俺はこんなに怒りを抱えた若者だったのか!っていう大きな驚きはある」

とジョン・ライドン自らがピストルズやPiL、さらにそのずっと前の子ども時代のことを語ったロッキング・オンの最新号が、本日発売された。

127曲もの歌詞を収録したソングブック『Mr.Rotten's Songbook』の発売を記念して、実現した今回の取材。
ロンドンでの児島由紀子さんによる対面インタヴューだけに、本当に深いところまで突っ込まれていて、自伝『STILL A PUNK』を読んだ人でも、新たな刺激が待っている。

「宗教」や「階級」「民族」、あるいは「学校」といった集団意識が彼に与えた精神的暴力、
あるいはピストルズ時代の彼の巨大な怒りはどこからきているのか、という誰もが知りたい本質、
PiLの『アルバム』で、ジンジャー・ベイカーやスティーヴ・ヴァイ、坂本龍一という凄すぎるメンバーがいかにして集まったかという制作秘話を含めたビル・ラズウェルとの思い出、
そして、「悲しみや苦痛に決着をつけるために、俺は“デス・ディスコ”を歌い続ける」と語る両親への思いなど、
涙と笑いと怒りに満ちた、読み応えたっぷりの14ページ。
いつもながら読んだあと気持ちがきゅっと引き締まり、力が湧いてくる。

昨年末にリリースされたSHM-CD『ALBUM<スーパー・デラックス・エディション>』や『メタル・ボックス』を聴きながらお楽しみください。
ジョン・ライドンが半生を語りおろした超・決定版インタヴュー、ロッキング・オン最新号が今日発売された!
http://www.universal-music.co.jp/public-image-limited/discography/


ちょうど1年前に刊行した、パンク特集号はこちら。(井上貴子)
ジョン・ライドンが半生を語りおろした超・決定版インタヴュー、ロッキング・オン最新号が今日発売された!
rockin'on 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする